スターバックス リザーブ®:ルワンダ カンズ

スターバックス リザーブ® ルワンダ カンズです。

スターバックス リザーブ®は、スターバックスの一部限定店舗でのみ取り扱われる限定コーヒーです。

ルワンダ カンズ

スポンサーリンク

ルワンダ

ルワンダ(Rwanda)は、中部アフリカに位置するアフリカで最も人口密度の高い小さな内陸国です。西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジと国境を接しています。

ルワンダは、平均標高1,600mの自然豊かな高原地帯にあります。「千の丘」と呼ばれるように、起伏に富んだ地形をしていています。

ルワンダは東西南北の4つの地域によって、地形・気候の特徴がそれぞれ異なります、東はナイル川、西はコンゴ川が流れているため、豊富な水資源を利用できます。火山に面する北部は肥沃な火山灰の土壌です。また、原生林が豊かな南部は有機土壌で、コーヒーは農薬をほとんど使用せず、自然栽培が行われています。

ルワンダは内戦が続いていましたが、現在は治安が非常に良くなっています。また、「アフリカの奇跡」と呼ばれる未曾有の発展を遂げ、その発展にはコーヒー生産が大きな比重を占めています。ルワンダは他のアフリカ諸国と違い地下資源を持たないため、農業が主な産業となっています。そのなかでも、コーヒーは輸出第1位を占める最も重要な農作物です。ルワンダでは、コーヒーは20世紀初頭までは外貨を獲得できる唯一の生産物でした。

ルワンダでは2000年代から、ルワンダ開発銀行からの融資やアメリカ合衆国国際開発庁(USAID)(United States Agency for International Development)の資金による「PEARL(Partnership for Enhancing Agriculture in Rwanda through Linkages)」が始まり、1994年のルワンダ虐殺と1990年代のコーヒー危機の2つの災厄から生産者たちを救いました。PEARLはその後、「SPREAD」というプロジェクトに引き継がれました。

このプロジェクトによって、ルワンダ各地にコーヒー・ウォッシング・ステーション(CWS)(Coffee Washing Station)が設立されるようになりました。こうしてルワンダ・コーヒーは、量から質への転換を図り、ルワンダ・スペシャルティコーヒーへの扉が開かれました。

スポンサーリンク

カンズ・コーヒー・ウォッシング・ステーション

カンズ・コーヒー・ウォッシング・ステーション(Kanzu Coffee Washing Station)は、ルワンダ南西部ニャマシェンケ地区(Nyamasheke District)に位置しています。

ニャマシェンケ地区は、キブ湖(Lake Kivu)とニュングェ国立公園(Nyungwe Forest National Park)の間にあり、肥沃な火山灰土壌、適度な降水量、年間を通じて温暖な気候、高い標高と高品質なコーヒー栽培に恵まれた自然環境です。 

ニャマシェンケ地区は高い標高がもたらす気温差により、コーヒーチェリーがゆっくりと熟成して高品質なコーヒーが生産できる環境となっています。

カンズ・コーヒー・ウォッシング・ステーションは、周辺の約60の小規模農家のコーヒーチェリーを精製しています。小規模農家は、コンゴ・ナイル分割(Congo-Nile Divide)の標高1,800-2,100mでコーヒーを栽培しています。

この山系は、コンゴ川水系とナイル川水系を分けており、コンゴ川水系がルワンダ最大のギブ湖に注いでいます。ギブ湖に沿ってコンゴ・ナイル・トレイル(Congo Nile Trail)があり、起伏のある丘やきれいな水を含む227km(141マイル)の美しい風景をトレッキングすることができます。

ファーマー・サポート・センター・ルワンダ

スターバックスは、2009年ルワンダの首都キガリ(Kigali)にファーマー・サポート・センター・ルワンダ (Farmers Support Center-Rwanda)を設立し、ルワンダのコーヒー生産の支援に取り組んでいます。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。

ルワンダのコーヒー生産者は、そのほとんどすべてが小規模生産者です。そのため、彼らが精製のためにコーヒーを持ち込むコーヒー・ウォッシング・ステーション(CWS)(Coffee Washing Station)が組織されています。

カンズ・コーヒー・ウォッシング・ステーションは、伝統的で一貫した精製方法を実践しています。2月から5月あるいは6月にかけて、何百人もの小規模生産者が収穫したコーヒーチェリーを持ちこみます。高い標高のため、他のルワンダのコーヒー生産地と比べ、若干収穫期は遅めです。

カンズ・コーヒー・ウォッシング・ステーション周辺の小規模農家は、7時-15時までの間にピッキングを行い、収穫したチェリーを持ち込みます。カンズ・コーヒー・ウォッシング・ステーションから遠い小規模農家は、コーヒーチェリーを運ぶのに約1時間ほどかかります。

カンズ・コーヒー・ウォッシング・ステーションでは、約50人の地元の人々がコーヒーチェリーの精製に携わっています。

コーヒーチェリーは搬入された後、すぐに水による比重選別を行い、ディスク型のパルパーの「マッキノン(McKinnon)」のディスク・パルパーによって、パルピング(果肉除去)します。その後、15時間の水を用いない発酵工程であるドライ・ファーメンテーションが行われ、その後パーチメント(生豆になる前段階のコーヒー)からムシレージという粘着質を取り除くために水洗します。それからさらに約13時間の水を用いた発酵工程であるウェット・ファーテーションを行います。

発酵工程を終えたパーチメントは薄く広げられ、欠点や変色したパーチメントを取り除きます。最後にアフリカン・ベッドという網の目のような敷物を敷いたパティオの上へパーチメントを広げ、約15~20日間、水分値が12%に下がるまで乾燥させます。

カンズ・コーヒー・ウォッシング・ステーションで使われているアフリカン・ベッドは、下が網になっているため風通しが良く、コーヒーチェリーを均一に乾燥させることができます。水洗処理に使用された水は周辺地域への環境を配慮し、そのまま自然に流すのではなく微生物により処理してから自然に戻しています。

ナシのような爽やかなフレーバーと酸味、程よいコクとまろやかな口当たりコーヒーです。口当たりの良さは特に印象的で、全体にバランスの良いコーヒーです。

スポンサーリンク

スターバックス リザーブ® ルワンダ カンズ

STARBUCKS RESERVE®とは

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックス ホームページより

ルワンダ カンズ

※ラベルデザイン
このラベルデザインではカンズ湿式加工場の様子が表現されています。
カンズ湿式加工場の水路や発酵タンクの壁を表す直線は、流れる水を表す曲線との対比で描かれています。また明るく鮮やかな色使いはコーヒーチェリーの力強い色合いを表現したものです。

スターバックス ホームページより

焙煎

スターバックスは、コーヒをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。

ルワンダ カンズは、スターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

「私のお気に入りのルワンダ カンズの楽しみ方は、自分ひとりのときはプアオーバーで、誰かと一緒に味わうときはケメックスで抽出する方法です。プアオーバーとケメックスは複雑性を損なわずに、ドライフルーツのベリーのような風味を引き出してくれます。」
シニア コーヒー クオリティ デベロップメント スペシャリスト
セルジオ アルバレス

スターバックスホームページより

梨のような爽やかなフレーバーと酸味、若干とろみのある口当たりのコーヒーです。口当たりの良さに優れています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事