UCCカフェメルカード:ペルー オレンジ農園

今回はUCCカフェメルカードのペルー オレンジ農園を紹介します。UCCは上島珈琲店や珈琲館などのブランドを運営している誰もが知る大手のコーヒー店です。UCCカフェメルカードは良質で新鮮なコーヒーを販売している挽き売り店です。クラシフィカドール(コーヒー鑑定士)により、味覚、香り等、徹底的な品質テストをしたコーヒーだけを取り揃えています。

UCCカフェメルカードのペルー オレンジ農園

ペルーは南アメリカ大陸西部に位置する国です。首都はリマです。南米大陸西部に位置し、チリとエクアドルの間に1,285,220平方キロメートルの国土を有するペルーは、南北へ走るアンデス山脈から ジャングルに覆われたアマゾン川流域の密林地帯まで、変化に富んだ地形と気候を有しています。気候は熱帯の東部、乾燥した砂漠の西部の乾燥、寒暖差のあるアンデス山脈までさまざまです。地形は西部の沿岸地方(コスタ)、高く険しいアンデス中央部(シエラ)、アマゾン流域の東部の低地のジャングル(サルバ)などがあり、ペルーの地形と気候は密接に関連しています。ペルーのコーヒー輸出は、世界的なコーヒー供給の2%を占めています。ペルーのコーヒーは伝統的な手法で栽培された高品質のアラビカ種として世界的な評価を得ています。

ペルーのコーヒー栽培は1700年代に始まりました。ペルーには11万人以上のコーヒー栽培者がおり、彼らのほとんどはこれらの地元の人であり、第2言語としてスペイン語を話します。ペルーのコーヒー農家は、電気や水道などを有していない2〜3ヘクタールの小規模農園です。5月から9月にかけて、農家は完熟したチェリーを手摘み、ペルーに伝統的な小さなマイクロウエットミリング(micro-wet-milling)で精製されます。この伝統は、河川を汚染するパルプ工場の壊滅的な影響からペルーの水資源を保護しました。コーヒーを処理した後、ほとんどのコーヒー農家は豆を徒歩またはラバでー30分から8時間に及ぶこともあるー最寄りの町に持ち帰ります。土曜日の広場は周辺のコーヒー農家のための市場になります。コーヒー農家はコーヒーを売って、自分たちの生活のための商品を買って帰ります。   

これらの広場のコーヒー市場において、不幸な、しかしあまりにも一般的なことは、農家は個人でコーヒーを販売するしかないことです。小規模農園のため信頼性が低く、コーヒーを管理するスペースがなく、共同のスペースもないため、販売できる量にも限りがあります。このためコーヒー農家は一般的に低価格を受け入れるしかありません。またコーヒー農園が遠隔地になればなるほど、コーヒーは混合されて取引されます。この組織化されていない分離された取引システムによって、コーヒーの生産履歴を追跡することが困難になりました。ペルーでは長い間、コーヒーは重量で売買されていたため、高品質のコーヒーを生産するという考えがありませんでした。また中間業者は、コーヒー袋に砂と水を投げ込むことによって重量を増やすことさえ知られていました。

近年になり、ペルーで小規模協同組合が組織され、コーヒーの国際的な公正取引と流通の有機的なネットワークを組織して、コーヒー産業の成長を促進しています。ペルーの10万人以上の小規模農家の推定25~25%が現在、この協同組合に属しています。これらの協同組合は、イコールエクスチェンジ(Equal Exchange、1986年に設立されたアメリカのフェアトレード会社)などのパートナーと協力して、ペルーの小規模協同組合は、世界第1位のオーガニックコーヒーの生産国であるメキシコに次いで、フェアトレード認定コーヒーの第2位のサプライヤーになりました。これらの市場を通して売られるより高いコーヒーの価格は、ペルーの協同組合を強化し、コーヒー農家に利益と安定した収入をもたらしました。またコーヒー農家は協同組合への参加することによって、生産手段の所有と管理を学び、そしてトレーニングや農家同士の交流を通じて共有される学習プロセスによって、コーヒー生産者としての協同のアイデンティを獲得できます。

UCCカフェメルカードのペルー オレンジ農園は、ペルー北部カハマルカ州サンイグナシオ県(San Ignacio Province)に位置しています。ペルー北部はエクアドルとの国境付近に位置するサンイグナシオ(標高1,400-1,600m)は、アンデス北部に位置しています。ペルー オレンジ農園は標高1,600mに位置しています。高地の気候と、この地域の粘土質に腐葉土が混ざった恵まれた肥沃な土壌は、高品質のコーヒー生産にふさわしい環境です。しかしアンデス北部高地の険しい地形を、コーヒーチェリーを輸送するために横断されなければなりません。 輸送は、自転車、オートバイ、ラバ、ウマなどを介して、北部アンデスの岩場と険しい泥だらけの崖を横切ることができる手段で行われます。現地からの輸送には数時間かかることがあります。

農園は小規模協同組合の管理のもと、昔ながらの有機農業でコーヒーを栽培しています。

味はサトウキビを思わせる程よい素朴な甘みと、アンデス高地特有のドライフルーツのような酸味、チョコレートのような濃厚なコクが特徴です。苦みは柔らかで、全体的に優しくバランスのとれたコーヒー豆です。

インディオの人々による手摘みされた、価値高きコーヒー

エリア:サンイグナチオ県

品種 :ティピカ、カツーラ

精製 :ウォッシュト

標高 :1600m

オレンジ農園はペルー北部の高品質産地として名高い「サンイグナチオ県」、そのなかでも肥渓な土壌と山々に囲まれた独特の気候条件を備えたエリアに位置します。 生産量は多くありませんが、一粒一粒づつ完熟豆だけを手摘みで収穫し丁寧な水洗・乾燥処理を行っています。 甘みとまろやかなボディはペルーの最高峰と言えるコーヒーです。『ほの珈琲ホームページより』

焙煎

焙煎に関する詳しい記載は見つけられませんでしたが、ハイロースト程度だと思います。

貝殻豆少し見られますが、欠点豆少ないです。

チョコレートのような濃いコクのなかに、優しい甘みと酸味が特徴のコーヒーです。若干濃いめのバランスのとれたコーヒーが好きな方におすすめです。

購入は直営店舗まで。

コーヒー鑑定士の厳選コーヒー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事