ウニール:コロンビア インマクラーダ ユーゲニオイデス カーボニック・マセレーション

ウニール コロンビア インマクラーダ ユーゲニオイデス カーボニック・マセレーションです。

ウニール(Unir)は、京都府長岡京市に本店を置くスペシャルティコーヒー店です。

コロンビア インマクラーダ ユーゲニオイデス カーボニック・マセレーション

スポンサーリンク

インマクラーダ・コーヒー・ファームス

インマクラーダ・コーヒー・ファームス(Inmaculada Coffee Farms)は、コロンビア(Colombia)バジェ・デル・カウカ県(Valle del Cauca Department)ピチンデ(Pichindé)に位置する農園です。コーヒー生産地域としては、アンデス自然地域(英語:The Andean (natural) region、スペイン語:La región Andina​​​ (de Colombia))または太平洋沿岸/チョコ自然地域(英語:The Pacífico/Chocó (natural) region、スペイン語:La región del Pacífico​​​ (de Colombia))のバジェ・デル・カウカ(Valle del Cauca)に区分されます。

インマクラーダ・コーヒー・ファームスについては、以下の記事を参照してください。

種はユーゲニオイデス種(C. eugenioides)です。

ユーゲニオイデス

このコーヒーを一杯飲んだだけで、この種を発見するために南米へ旅立つ気になりました。このコーヒーについては、さまざまな伝説や憶測が飛び交っています。まず、このコーヒーは現在市販されている多くのコーヒーと同種ではないです。コフィア・ユーゲニオイデスは、現代のアラビカ種コーヒーの親のひとつと考えられています。ユーゲニオイデスは栽培が非常に難しく、1本の木からわずか150gのコーヒー豆しか収穫できません。カフェイン含有量はアラビカ種の約半分で、苦味はほとんど感じられません。このコーヒーの特徴は、その野性的で、ほとんど信じられないほどの甘さです。私たちがコーヒーで慣れているクエン酸の酸味がないため、コーヒーのあり方について全く新しい視点を提示しています。興味深いことに、スペシャルティコーヒーの代名詞となったコーヒーは、アラビカ種というひとつの種に絞られています。100種以上のコーヒーが報告されていますが、その中でもユーゲニオイデスは、現代のアラビカ種の祖先と称されています。

今日私たちがコーヒーとして知っているものに挑戦する放棄されたコーヒー種であり、これまで味わったことのないものです。ユーゲニオイデス種コーヒーは、アラビカ種のユニークでおいしい両親のひとつです。このユーゲニオイデスは、アンデス山脈北部の最東端、標高1,900m - 2,000mに位置するピチンデ・コロンビアのフィンカ・インマクラーダで救出され、栽培されているナチュラル精製のコーヒーです。ユーゲニオイデスは、フレーバーのユニークなブランドを持っています。これは本当に希少なコーヒーで、冒険する価値があります。コンゴ民主共和国、ルワンダ、ウガンダ、ケニア、タンザニア西部など、東アフリカの高地が原産です。カフェインの含有量が本当に少ないので、このコーヒーに苦いカップはありません。甘さがあって飲みやすく、完全に驚くべきフレーバーを持っています。その甘さが、何かユニークなものを味わっていることを知っていることと相まって、よりより良い味になります。

Eugenoides

Just one cup of this coffee was enough to inspire a journey to South America to discover this species for ourselves. Legends and speculation buzz about this coffee. For starters, this is not even the same species as most of the coffee encountered on the market today. Coffea Eugenioides is considered to be one of the parents of modern Arabica coffee. Eugenioides is a very difficult coffee to grow, yielding only 150 grams per tree of unmilled coffee. It contains about half the caffeine of Arabica coffee, which causes the coffee to have almost no perceived bitterness. The defining characteristic of this coffee is its wild, almost unbelievable sweetness. It has a compelling lack of citric acidity that we are so used to in a coffee, presenting a whole new perspective on what coffee can be. Interestingly specialty coffee has honed in on just one species, Coffea Arabica, as the species that has become synonymous with specialty coffee. Over 100 species of coffee have been described, and Eugenioides is hailed as a progenitor of modern-day Arabica.

An abandoned coffee specie that challenge what we know as coffee today, and unlike anything we've ever tasted. Coffee Eugenioides is one of Arabica's unique and tasty parents. This natural processed Eugenioides was rescued and cultivated by Finca Inmaculada in Pichinde Colombia situated at 1900-2000 MASL on the easternmost part of the Northern Andes. Eugenioides got its own unique brand of flavors. This is truly a rare coffee and worth the adventure. Indigenous to the highlands of East Africa, including the Democratic Republic of Congo, Rwanda, Uganda, Kenya and western Tanzania. It has a really low caffeine content, so there isn't bitter cup of this coffee. It's so sweet and easy to drink and has a completely amazing flavor— that sweetness combined with knowing you're tasting something unique makes it better.

Inmaculada Coffee Farms

精製方法

精製方法はカーボニック・マセレーション(Carbonic Maceration)です。

インマクラーダ・コーヒー・ファームスは、世界で初めてコーヒーにカーボニック・マセレーションを導入した農園です。

スポンサーリンク

Sapporo 珈琲マルシェ 2022

Sapporo 珈琲マルシェ 2022

ウニールは、2022年10月19日から10月24日まで、丸井今井札幌本店 大通館9階 催事場で開催されたSapporo 珈琲マルシェ 2022に出店しました。2016年の初出店から、2022年で6回目の出店です。

スポンサーリンク

ウニール コロンビア インマクラーダ ユーゲニオイデス カーボニック・マセレーション

コロンビア インマクラーダ ユーゲニオイデス カーボニック・マセレーション
コロンビア インマクラーダ ユーゲニオイデス カーボニック・マセレーション

Cup:

Flavors of Cereal Milk, Papaya, Bubble Gum, Cake Batter, Sticky Rice, & Cap'n Crunch Crunchbenies invade your palate as you know you are tasting a miracle in the making.

Strawberry Yogurt, Confectioners Sugar, Toasted Marshmallow, Guava, Lemon Drop

Inmaculada Coffee Farms

完熟した洋梨やフレーバーと甘さ、カモミールティーを思わせる爽やかな印象、高級なお茶のような非常に透明感のある口当たりが印象的です。冷めてくると質感と甘さが増して、パイナップルジャムのような印象を生みます。冷めてきたときの味わいが、アラビカ種のコーヒーとは全く別物です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事