スターバックス リザーブ®:ルワンダ ムホンド

今回はスターバックス リザーブ®のルワンダ ムホンドの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

ルワンダ ムホンド

ルワンダ

ルワンダ(Rwanda)は中部アフリカに位置するアフリカで最も人口密度の高い小さな内陸国です。西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジと国境を接しています。ルワンダは平均標高1600mの自然豊かな高原地帯にあります。「千の丘」と呼ばれるように、起伏に富んだ地形をしていています。

ルワンダは東西南北の4つの地域によって、地形・気候の特徴がそれぞれ異なります、東はナイル川、西はコンゴ川が流れているため、豊富な水資源を利用できます。火山に面する北部は肥沃な火山灰の土壌で、原生林が豊かな南部は有機土壌で、コーヒーは農薬をほとんど使用せず、自然栽培が行われています。スターバックス リザーブ®のルワンダ ムホンド(Rwanda Muhondo)を生産するムホンドCWS(コーヒー・ウォッシング・ステーション)はルワンダ北部に位置しています。

ルワンダは内戦が続いていましたが、現在は治安が非常に良くなっています。また、「アフリカの奇跡」と呼ばれる未曾有の発展を遂げ、その発展にはコーヒー生産が大きな比重を占めています。ルワンダは他のアフリカ諸国と違い地下資源を持たないため、農業が主な産業となっています。そのなかでも、コーヒーは輸出第一位を占める最も重要な農作物です。ルワンダでは、コーヒーは20世紀初頭までは外貨を獲得できる唯一の生産物でした。

ルワンダコーヒーの歴史は、1904年にドイツ人宣教師たちによりルワンダに持ち込まれ、1930年の植民地時代に外貨獲得の政策として、各農家に70本のコーヒーの木の栽培を義務づけたことが始まりです。現在でも大規模なコーヒー農園はなく、50万にも上る小規模農家が各農家毎に約200本のコーヒーの木を栽培していいます。

ルワンダでは2000年代から、ルワンダ開発銀行からの融資やアメリカ合衆国国際開発庁(United States Agency for International Development、略称USAID)の資金によるPEARLプロジェクトが始まり、1994年のルワンダ虐殺と1990年代のコーヒー危機の二つの災厄から生産者たちを救いました。これはその後、その後継のSPREADというプロジェクトに引き継がれました。

これによって各地にコーヒー・ウォッシング・ステーション(Coffee Washing Station、略称CWS)が設立されるようになりました。そのことでルワンダコーヒーは量から質への転換を図り、ルワンダ・スペシャルティコーヒーへの扉が開かれました。

ルワンダ ムホンド

ルワンダ ムホンドを生産するムホンドCWS(Muhondo Coffee Washing Station)は、ルワンダ北部ガカンク地区(District de Gakenke)に位置する湿式工場で精製されるコーヒーです。

ルワンダには大規模な農園はなく、ほとんどすべてが小規模の農園なので、小規模農園が精製のためにコーヒーを持ち込むCWS(コーヒー・ウォッシング・ステーション)が組織されています。

ムホンドCWSはムホンドコーヒー会社(Muhondo Coffee Company Ltd.)によって所有され、ムホンドセクター(Muhondo Sector)によって運営されています。この湿式工場は2006年にテリンベレ・カワ・ヤク協同組合(Terimbere Kawa yacu Cooperative)によって建設されましたが、2013年からムホンドコーヒー会社によって完全運用が始まりました。

ルワンダは、2008年にはアフリカ大陸で始めてCoE(カップ・オブ・エクセレンス)の開催国なりました。ムホンドCWSのコーヒーは歴史は浅いですが、完全運用の翌年の2014年に91点を獲得し優勝、2015年に89.89点を獲得し第3位に入賞した輝かしい経歴を持っています。

ムホンドCWSで精製されるコーヒーは、周辺の小規模農家が標高1,700-2,200mの高地で生産しています。生産量は年間約1,000トンです。

スターバックスは2009年ルワンダの首都キガリ(Kigali)に、ファーマーサポートセンターを設立し、ルワンダのコーヒー生産の支援に取り組んでいますが、ムホンドCWSもスターバックスの支援を受けています。ムホンドCWS若者や女性を積極的に雇用し、1800人の生産者(2015年現在)の40%が女性です。また、生産者への融資や収入の保証、綺麗な水の供給、地域社会への貢献など、持続可能はコーヒー生産のために積極的な役割を果たしています。また、ムホンドCWSのサプライチェーンはC.A.F.E.プラクティス認証(スターバックスの倫理的調達の認証)を取得しています。

品種

ルワンダは肥沃な火山灰の土壌のため、栽培品種のほとんどはアラビカ種です。ムホンドCWSでは、ブルボン(Bourbon)とジャクソン種(Jackson)が取り扱われています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、パーチメント(Parchment)付きコーヒー豆を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

味はグレープのようなフレーバーと酸味、ミルクチョコレートのような甘味と程よいコクが特徴です。酸味と甘味のバランスの取れたコーヒーです。

スターバックス リザーブ®のルワンダ ムホンド

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスホームページより

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
ルワンダにあるムホンド湿式加工場は、その高い水準のコーヒー加工法で知られています。コーヒーの加工工程の一つ一つで、品質を追求しています。このカードのデザインでは、湿式加工で使用される発酵タンクの直線を表現しています。大胆な幾何学模様は伝統的なルワンダアートから着想を得たものです。

スターバックスホームページより

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのルワンダ ムホンドはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

欠点豆が若干あります。

ぶどうのようなフレーバー、フラムのようなアロマがあり、チョコレートのようなコクがあり、酸味と甘味のバランスのとれた飲みやすいコーヒーです。

<参考>

「Muhondo Coffee」, Alliance for Coffee Excellence<https://allianceforcoffeeexcellence.org/directory/89-89/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事