スターバックス リザーブ®:ルワンダ カンズ

今回はスターバックス リザーブ®のルワンダ カンズの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

スターバックス リザーブ®のルワンダ カンズ

ルワンダは中部アフリカに位置するアフリカで最も人口密度の高い小さな内陸国です。西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジと国境を接しています。ルワンダは平均標高1600mの自然豊かな高原地帯にあります。「千の丘」と呼ばれるように、起伏に富んだ地形をしていています。

ルワンダは東西南北の4つの地域によって、地形・気候の特徴がそれぞれ異なります、東はナイル川、西はコンゴ川が流れているため、豊富な水資源を利用できます。火山に面する北部は肥沃な火山灰の土壌で、原生林が豊かな南部は有機土壌で、コーヒーは農薬をほとんど使用せず、自然栽培が行われています。

ルワンダは内戦が続いていましたが、現在は治安が非常に良くなっています。また、「アフリカの奇跡」と呼ばれる未曾有の発展を遂げ、その発展にはコーヒー生産が大きな比重を占めています。ルワンダは他のアフリカ諸国と違い地下資源を持たないため、農業が主な産業となっています。そのなかでも、コーヒーは輸出第一位を占める最も重要な農作物です。ルワンダでは、コーヒーは20世紀初頭までは外貨を獲得できる唯一の生産物でした。

ルワンダコーヒーの歴史は、1904年にドイツ人宣教師たちによりルワンダに持ち込まれ、1930年の植民地時代に外貨獲得の政策として、各農家に70本のコーヒーの木の栽培を義務づけたことが始まりです。現在でも大規模なコーヒー農場はなく、50万にも上る小規模農家が各農家毎に約200本のコーヒーの木を栽培していいます。ルワンダ カンズを生産するカンズ湿式加工場は、ルワンダ南西部にあるキブ湖の近くに位置しています。

スターバックスは、世界各国にファーマーサポートセンターを設立していますが、ルワンダもその一つです。スターバックスは、ルワンダの首都キガリにファーマーサポートセンターを設立し、持続可能な栽培方法を行うサポートやコーヒーの品質、一貫性を向上させるためのさまざまな活動を行っています。

ルワンダ カンズを生産するカンズ湿式加工場(Kanzu Coffee Washing Station)はルワンダ南西部、ニャマシェンケ地区(Nyamasheke)、コンゴナイル山脈(Congo Nile)の標高1,800-2,100mの地帯にあります。この山脈はコンゴ川水系とナイル川水系を分けていて、コンゴ川水系がルワンダ最大のギブ湖に注いでいます。ギブ湖に沿ってコンゴ・ナイル・トレイル(The Congo Nile Trail)があり、起伏のある丘やきれいな水を含む227 km(141マイル)の美しい風景をトレッキングすることができます。ニャマシェンケ地区は高い標高がもたらす気温差により、コーヒーチェリーがゆっくりと熟成して高品質なコーヒーが生産できる環境となっています。カンズ湿式加工場のあるニャマシェンケ地区はキブ湖とニュングェ国立公園の間にあり、肥沃な火山灰土壌、適度な降水量、年間を通じて温暖な気候、高い標高と高品質なコーヒー栽培に恵まれた自然環境です。 

精製方法は湿式(フリーウォッシュト)です。ルワンダには大規模な農園はなく、ほとんどすべてが小規模の農園なので、小規模農園が集まってCWS(コーヒー・ウォッシング・ステーション)を組織しています。カンズ湿式加工場は伝統的で一貫した加工法を実践しています。カンズ湿式加工場には2月から5月あるいは6月にかけて、何百人もの小規模生産者が収穫したコーヒーチェリーを持ちこみます。高い標高のため他のルワンダのコーヒー農家と比べ、若干収穫期は遅めです。カンズ湿式加工場周辺の農家は朝7時~15時までの間にピッキングを行い、収穫したチェリーをカンズ湿式加工場へ持ち込みます。カンズ湿式加工場から遠い農家は、コーヒーチェリーを運ぶのに約1時間ほどかかります。カンズ湿式加工場では約50人の地域の人々がコーヒーチェリーを加工しています。

コーヒーチェリーは搬入された後、すぐに水による比重選別を行い、ディスク型のパルパー(McKinnon disk)によってパルピング(果肉除去)します。その後、15時間のドライ醗酵工程(水なし)が行われ、その後パーチメント(生豆になる前段階のコーヒー)からミュシレージという粘着質を取り除くために洗います。それからさらに約12時間のウエット醗酵工程(水に浸ける)を行います。醗酵工程を終えたパーチメントは薄く広げられ、欠点や変色したパーチメントを取り除きます。最後にアフリカンベッドという網の目のような敷物を敷いたパティオでの上へパーチメントを広げ、約15~20日間、水分値が12%に下がるまで乾燥させます。カンズ湿式加工場で使われているアフリカンベッドは下が網になっているため風通しが良く、コーヒーチェリーを均一に乾燥させることができます。水洗処理に使用された水は周辺地域への環境を配慮し、そのまま自然に流すのではなく微生物により処理してから自然に戻しています。

味の特徴はナシのようなフルーティーな香味と酸味、程よいコクとまろやかな口当たりコーヒーです。口当たりの良さは特に印象的で、全体にバランスの良いコーヒーです。

STARBUCKS RESERVE®とは

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。(スターバックスホームページより)

スターバックス リザーブ®を購入すると、商品説明のカードを挟んだこちらの用紙がもらえます。

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
このラベルデザインではカンズ湿式加工場の様子が表現されています。
カンズ湿式加工場の水路や発酵タンクの壁を表す直線は、流れる水を表す曲線との対比で描かれています。また明るく鮮やかな色使いはコーヒーチェリーの力強い色合いを表現したものです。

スターバックスホームページより

スターバックス リザーブ®のページもあり、こちらに商品を購入するともらえるスタンプを貼って、コーヒーについての感想が書き込めるようになっています。

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのルワンダカンズはスターバックスミディアムであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアム

「私のお気に入りのルワンダ カンズの楽しみ方は、自分ひとりのときはプアオーバーで、誰かと一緒に味わうときはケメックスで抽出する方法です。プアオーバーとケメックスは複雑性を損なわずに、ドライフルーツのベリーのような風味を引き出してくれます。」
シニア コーヒー クオリティ デベロップメント スペシャリスト
セルジオ アルバレス

スターバックスホームページより

柑橘系のフレーバーと酸味、若干とろみのある口当たりのコーヒーです。スターバックス リザーブ®の中でも最も口当たりの良いコーヒーの一つだと思います。スターバックスのコーヒーは深く煎る傾向にあるため、苦味は強めに感じます。





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事