マールクーニック(マルケニッヒ)(Mahlkönig)の歴史 グラインダーの王 EK43
スポンサーリンク

マールクーニック(マルケニッヒ)(Mahlkönig)の歴史 グラインダーの王 EK43

マールクーニック(マルケニッヒ)(Mahlkönig)

"Mahlkönig - THE FIRST 100 YEARS",Mahlkoenig 2024年4月11日.

マールクーニック(マルケニッヒ)(Mahlkönig)は、ドイツのハンブルグに本社を置く電動コーヒーグラインダー製造会社です。ハンブルグは、歴史的に世界貿易と商業において極めて重要な役割を担っており、19世紀末にコーヒー貿易のヨーロッパにおける主要拠点となりました。

こうして、長らくヨーロッパにおけるコーヒー貿易の中核の位置を占めていたアムステルダム(およびロンドン)に代わって、19 世紀末になるとハンブルクがコーヒー貿易の中心となり、いわばヘゲモニーを握ることとなった。1900 年以降世界全体のコーヒー輸出量の 24 パーセントがハンブルクへと流入し、「ハンブルクはヨーロッパの輸入港として、およびこの商品の市場として絶対的な首位を占めるようになった」(28)のである。

南 直人「コーヒーとドイツ帝国 国境を越えた飲み物」シリーズ特集 歴史学の「国境」7

マールクーニック(マルケニッヒ)の起源は、1924年にハンブルクに設立されたシュタヴァート・ミュレンバウ社(Stawert Mühlenbau GmbH & Co. KG)に端を発します。1924年12月13日に、「グラインダーの王」を意味する「マールクーニック(マルケニッヒ)(Mahlkönig)」というブランド名が、無名の人物によって初めて商標登録されました。

創業当初は主に電動モーターを生産していましたが、その後、コーヒー、穀物、香辛料など様々な食品用のグラインダーの開発に成功しました。その後、ミートグラインダーやカラーミキサーなどの機械器具用グラインダーが開発されました。

1932年に電磁モーター付きコーヒーグラインダーの特許を取得、この特許はACモーターを搭載した従来のグラインダーよりも発熱が少なく、動作音も静かな装置を提供することで、コーヒーグラインダー市場を一変させました。

マールクーニック(マルケニッヒ)初のコーヒーグラインダーは、タイプ0(Type 0)と呼ばれるものです。タイプ0は、EK0 W1 BNの前身となるコーヒーグラインダーで、マールクーニック(マルケニッヒ)が卓越したコーヒーグラインダー製造への道を歩み始めるきっかけとなりました。

1950年にマールクーニック(マルケニッヒ)は、コーヒーグラインダーEK0 W1 BNを発売しました。

1960年以降、マールクーニック(マルケニッヒ)はコーヒーグラインダーの生産が中心となり、売上の90%以上を占めるようになりました。

1970年にマールクーニック(マルケニッヒ)は、EK43の前身となるコーヒーグラインダー、EK23を発売、そして1990年にエポックメイキングとなる画期的なコーヒーグラインダー、EK43を発売しました。

EK43

EK43は、マールクーニック(マルケニッヒ)の最大のメルクマールとなる製品で、現在世界で最も売れている業務用コーヒーグラインダーです。

"EK43 History: Before it was famous! Legends Workshop Episode 4",Legends Workshop 2021年1月17日.

EK43のEは位相タイプ(Phase Type)のE(単相電流(Einphasenstrom))、Kは穀物製品(Feed Product)のK(コーヒー(Kaffe))、43はモータージェネレーター(Motor Generation)を意味しています。

位相タイプ(Phase Type)は、E(単相電流(Einphasenstrom))とD(三相交流(Dreiphasenstrom))に区分され、EK43は単相電流で、DK27は三相交流です。EK43の前身として、サイズのより大きなEK23とEK48があり、DK27はさらに大きなグラインダーでした。

穀物製品(Feed Product)は、K(コーヒー(Kaffe))、M(ポピーシード(Mohn Pappy)[Poppy Seed])、G(穀物(Getreide[Grain]))、P(ペッパーとスパイス(Pfeffer und Gewürze[Pepper and Spice]))、T(ターキッシュ(Turkisch[Turkish]))に区分され、豆・種子系の植物によって異なったタイプのブレードや時折インペラーが必要となります。

"2013 WBC Finals - Matt Perger, Australia",World Coffee Championships 2013年11月2日.
"06 Host 2015 Matt Perger with Mahlkoenig EK 43",TheEspressoTV 2015年11月25日.

EK43は、当初はフィルター抽出の精度の高さからバリスタの間で評判になりましたが、2013年のワールド バリスタ チャンピオンシップ(WBC)(World Barista Championship)でマット・パーガー(Matt Perger)がこのグラインダーを使用してから、エスプレッソ抽出のためのコーヒーグラインダーとして人気が急上昇しました。

マールクーニック(マルケニッヒ)はこの時点ですでに、2009年から2021年までのワールド バリスタ チャンピオンシップ(WBC)のスポンサーシップや、1999年に発売されたエスプレッソにフォーカスした最初のグラインダー、K60 ESや、2004年に発売された最初のオンデマンド・グラインダー、K30 ESなど、業界初の製品の発売を通じて、スペシャルティコーヒー業界で極めて重要な役割を果たしていました。

ヘルモ・グループ

マールクーニック(マルケニッヒ)は、EK43が発売された1990年まで創業者一族が経営していましたが、徐々にエリクセン家(Erichsen Family)に引き継がました。

1999年にマールクーニック(マルケニッヒ)は、スイスの競合メーカーであるディッティング・マシーネン AG(Ditting Maschinen AG)と提携し、スイスにヘムロ・グループ(Hemro Group)を設立しました。

2005年11月にシュタヴァート・ミュレンバウ社とマールクーニック(マルケニッヒ)・マーケティング・販売会社(MAHLKÖNIG Marketing- und Vertriebsgesellschaft)が合併し、マールクーニック(マルケニッヒ)社(MAHLKÖNIG GmbH & Co KG)が誕生しました。2007年12月にマールクーニック(マルケニッヒ)社はディッティング・マシーネン AGと合併しました。

ヘムロ・グループは、2013年にイタリアのグラインダーメーカー、アンフィム(ANFIM)を買収し、2018年には中国のグラインダーメーカー、ヘイカフェ(HeyCafé)を傘下に収めました。マールクーニック(マルケニッヒ)、ディッティング、アンフィム、ヘイカフェの各ブランドは独立して事業を継続し、ヘルモ・グループの傘下で対等な立場で協働しています。

1999年から2013年までニルス・エリクセン(Nils Erichsen)が社長だった時期、製品群は大幅に拡大され、特にレストランやケータリング市場向けのエスプレッソ・グラインダーが人気を博しました。2013年にグループ全体の経営陣が交代しました。

創業100周年

2017年にマールクーニック(マルケニッヒ)は、EK43の小型バージョン、EK43 Sを発売しました。

1960年代より、マールクーニック(マルケニッヒ)のコーヒーグラインダーは、ハンブルグのヴァンズベク地区(Wandsbek Quarter)で生産されてきました。マールクーニック(マルケニッヒ)の主要工場は半世紀以上にわたってこの地にあり、現在はヘムロ・グループの世界的な生産ネットワークの一部となっています。EK43の成功と、次世代エスプレッソ グラインダーの生産開始を見据えて、生産・組立能力の拡大に加え、技術的なインフラを改善し、全従業員にとって働きやすい環境を整えるために、2020年に新拠点に移転しました。

2021年にマールクーニック(マルケニッヒ)は、家庭用オールラウンドコーヒーグラインダー、X54を発売しました。X54は、現在マールクーニック(マルケニッヒ)の唯一の家庭用モデルです。

2023年にマールクーニック(マルケニッヒ)は、Ek オムニア(EK Ominia)を発売しました。

2024年にマールクーニック(マルケニッヒ)は、創業100周年を迎えました。

<参考>

THE FIRST 100 YEARS: THE 1920S - Mahlkönig:https://www.mahlkoenig.com/de/blogs/news/the-first-100-years-the-1920s

THE FIRST 100 YEARS: THE 1930S - Mahlkönig:https://www.mahlkoenig.com/de/blogs/news/the-first-100-years-the-1930s

Mahlkoenig - Hentschke Kaffeemaschinen e.K.:https://www.guterkaffee.de/marken/mahlkoenig/

Mahlkönig grinds the perfect cup:https://www.gcrmag.com/mahlkoenig-grinds-the-perfect-cup/

Mahlkönig marks 100 years of innovation - GlobalCoffeeReport:https://www.gcrmag.com/mahlkonig-marks-100-years-of-innovation/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事