スターバックス リザーブ®:コロンビア カフェ ムヘレス

スターバックス リザーブ®のコロンビア カフェ ムヘレスです。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

コロンビア カフェムヘレス

スポンサーリンク

コロンビア

コロンビア(Colombia)はカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマとコーヒー生産国に囲まれています。首都はボゴタ(Bogota)です。ブラジル、ベトナムについで、世界第3位のコーヒー生産大国であり、年間平均1,200万袋(1袋60kg)、720,000トンです。コロンビアは南北にアンデス山脈が縦断しているため、山岳地帯の面積が広いです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。コロンビア カフェ ムヘレスが生産されるウィラ地区は南部に位置しています。

南部にはナリーニョ(Nariño)、カウカ(Cauca)、ウイラ(Huila)、スール・デ・トリマ(Sur del Tolima)地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱい味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

スポンサーリンク

ウィラ県

ウィラ、FNC コロンビアコーヒー生産者連合会ホームページより

ウィラ県(Huila)はコーヒー名産地として有名です。コロンビアの中南部に位置するウィラ県はアンデスの中央山脈と東部山脈に囲まれています。ウィラはアンデス山脈からマグダレナ川が流れ出る山脈地帯に挟まれた谷合に位置します。ウィラ県は赤道高地の火山灰の豊かな土壌が特徴です。気候条件は曇りが多く、日射時間の平均が1日に3,5時間と短めです。標高は低く、平均気温は17℃〜23℃と高めです。ゲリラの活動地帯でもあるため、治安はあまりよくありません。

ウィラ県にはマグダレナ川(Magdalena)が山々を流れています。コロンビアのアンデス山脈の縦断する起伏に富んだ険しい火山地帯はコーヒー生産には適していますが、同時にコーヒー豆の輸送は非常に困難でした。しかし、このマグダレナ川は浅い川で急流が多いため、重要な輸送路として活用されています。そのため、マグダレナ川周辺にはコーヒー生産者が多く存在しています。

スポンサーリンク

カフェ・ムヘール

カフェ・ムヘールのロゴ、カフェ・ムヘールのホームページより

カフェ・ムヘール(Café Mujer)は、コロンビアコーヒー業界の女性のための協会です。この協会は、コーヒー業界で働く女性の知識を集め、文書化することを目的としています。カフェ・ムヘールのムヘール(Mujer)はスペイン語で「女性」という意味です。

この協会では定期的に集会が催され、女性たちは有機農法、公正な取引、認証、コーヒーの焙煎など、協会が集めた知識に無料でアクセスすることができ、また無料でトレーニングを受けることができます。

カフェ・ムヘールの歴史

コロンビアには武力紛争の長い歴史があります。コロンビアはスペインからの独立後、二大政党制による寡頭支配が続きます。1899年にコーヒー価格暴落による千日戦争、1948年にボゴタ暴動が起こり、やがて政府への不満は農村部での武装ゲリラへを生み出します。マルクス主義の解放の理想をもつ農村部のゲリラグループは、やがて反政府の左翼ゲリラであるコロンビア革命軍(FARC)に発展しました。1964年に組織されたコロンビア革命軍(FARC)は政府の寡頭支配、大規模土地所有者による土地の占有、富の不平等からの解放を求めて戦います。 長い内紛ののち、2016年11月コロンビア政府とコロンビア革命軍はボゴタで和平合意に調印しました。コロンビア革命軍は麻薬取引を資金源としており、コロンビアの農村部の生活のあり方を変えました。コロンビアは現在でも、他のラテンアメリカの国々と同様に、麻薬栽培とコーヒー栽培の間で揺れています。

カフェ・ムヘールはこれらの歴史の流れのなかで無視されてきた女性の権利と知恵の解放を求めて組織されました。カフェ・ムヘールの組織は、アンティオキア(Antioquia)のエル・レティーロ(El Retiro)から始まりました。

アンティオキアの記録

コーヒー産業の下支えをしてきた女性たちは、過去三世代にわたって、国際貿易、社会の変化、武力紛争などの目撃者であり続けました。カフェ・ムヘールは特にコロンビア北西部のアンティオキア(Antioquia)の第一世代の女性たちに焦点を当て、彼女たちの記憶を記録してもらうよう、記録用のキットを配布しています。

SDGs

カフェ・ムヘールはSDGsの理念に基づき、包括的な教育と生涯学習の機会を提供しています。女性たちはコーヒーの収穫、選別、堆肥、水の保全、廃棄物管理など、重要な農業技術を学ぶことができます。

経済的保証

カフェ・ムヘールはコーヒー産業における女性の経済的解放を一つの目標としています。コーヒーの市場価格の変動に関わらず、フェアトレード価格よりも30%高い価格で農家からコーヒーを買い取り、コーヒー農家の安定的で持続可能な成長と子供達への教育を促進しています。

カフェ・ムヘレス

スターバックス リザーブ®のコロンビア カフェ ムヘレスを生産するカフェ・ムヘレス(Café Mujeres)は、このカフェ・ムヘールの理念に基づき、ウィラ県にあるコーセントラル生産者協同組合(Coocentral Co-op)が行っているプログラムです。

品種

品種は記載がないため不明です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(湿式) です。マグダレナ川が流れる山岳地帯に位置し、豊かな水源に恵まれているため、こちらの方法がとられます。味はさっぱりと仕上がり、酸味が比較的強くなるのが特徴です。

シトラスのようなフレーバーとバニラのような甘味、ミルクのようなまろやかさが特徴です。

スターバックスとコロンビア

コロンビアの大きなコーヒー業界に属する生産者を支援し、パートナーシップを組んでいくために、スターバックスは2013年、コロンビアのマニサレスにファーマーサポートセンターを開設しました。

スターバックス リザーブ®のコロンビア カフェ ムヘレス

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスホームページより

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
このカードのデザインは、鮮やかで明るい色使いで、カフェ ムヘレス プログラムに参加する女性たちが精力的に学んでいるコーヒーの栽培プロセスを表現しました。抽象的に描いた葉や乾燥台、太陽などを重ねることで、この組合が大切にしている生産者一人ひとりの持つパワーやチームワーク、技術をより強く訴えかけています。

スターバックスホームページより

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのコロンビア カフェ ムヘレスはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

欠点豆が若干あります。

シトラスのようなフレーバーとバニラのような甘味とミルクのようなまろやかさが印象的です。非常にクリーミーな口当たりで、女性受けが良さそうなコーヒーです。あまり組み合わさることがないシトラスとミルク、バニラが一つの印象を形作っており、なかなか面白いです。

<参考>

「産地情報 ウィラ(Huila)」,FNC コロンビアコーヒー生産者連合会<http://cafedecolombia.jp/colombia/origin-huila/>2019年8月31日アクセス

Cafe de Mujer - Colombia<https://cafedemujer.com/>2019年8月31日アクセス.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事