加藤珈琲店:世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー コロンビア エルドラードスペシャル

加藤珈琲店 世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー コロンビア エルドラードスペシャルです。加藤珈琲店は愛知県名古屋市に本社を置く大手コーヒー店です。

コロンビア エルドラードスペシャル

スポンサーリンク

コロンビアコーヒー

コロンビア(Colombia)はカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマとコーヒー生産国に囲まれています。首都はボゴタ(Bogota)です。ブラジル、ベトナムについで、世界第3位のコーヒー生産大国であり、年間平均1,200万袋(1袋60kg)、720,000トンです。コロンビアは南北にアンデス山脈が縦断しているため、山岳地帯の面積が広いです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。コロンビアエルドラードスペシャルが生産されたウィラ県は南部に位置しています。

南部にはナリーニョ(Nariño)、カウカ(Cauca)、ウイラ(Huila)、スール・デ・トリマ(Sur del Tolima)地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱい味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

スポンサーリンク

ウィラ県

ウィラ、FNC コロンビアコーヒー生産者連合会ホームページより

ウィラ県(Huila)はコーヒーの名産地として有名です。コロンビアの中南部に位置するウィラ県はアンデスの中央山脈と東部山脈に囲まれています。ウィラはアンデス山脈からマグダレナ川が流れ出る山脈地帯に挟まれた谷合に位置します。ウィラ県は赤道高地の火山灰の豊かな土壌が特徴です。気候条件は曇りが多く、日射時間の平均が1日に3,5時間と短めです。標高は低く、平均気温は17℃〜23℃と高めです。ゲリラの活動地帯でもあるため、治安はあまりよくありません。

ウィラ県にはマグダレナ川(Magdalena)が山々を流れています。コロンビアのアンデス山脈の縦断する起伏に富んだ険しい火山地帯はコーヒー生産には適していますが、同時にコーヒー豆の輸送は非常に困難でした。しかし、このマグダレナ川は浅い川で急流が多いため、重要な輸送路として活用されています。そのため、マグダレナ川周辺にはコーヒー生産者が多く存在しています。

スポンサーリンク

エルドラードスペシャル

ピタリートの地図、「Geographic location of the municipality of Pitalito.」uploaded by Jorge Galindo-Diaz, Research Gateより

コロンビア エルドラードスペシャルはコロンビア南西部のウィラ県ピタリート(Pitalito)で生産された豆です。ピタリートはウィラ県の中でもコーヒーの最大の産地の一つです。標高1,300~1,400mの山岳地帯で、ユネスコ世界遺産に指定されたサン・アグスティン遺跡郡がある場所です。この遺跡は独特な石彫でよく知られています。

また同時にゲリラの活動地帯でもあるため、治安はあまりよくありません。ピタリートはかつては内戦の色濃く、家計を支えるためにコカインが栽培されていましたが、その後コーヒーの栽培に非常に適した環境、気候でと生産者たちの努力によって、スペシャルティコーヒーが栽培されるようになりました。現在ではコロンビアでも有数のコーヒーの産地となり、中にはカップ・オブ・エクセレンスに入賞するまでになった農園もあります。ピタリートの各農園では、収穫時期になるとそれぞれの農園に手伝いに出るなどお互いに協力し合ってコーヒーが生産されています。

ピタリートはウィラ県のなかでも標高が高い丘陵地帯で、特に高品質なコーヒーが栽培されていることで有名です。酸性の土壌がシャープな味わいを生み出します。険しい丘陵地帯で機械の搬入が困難なため、コーヒーチェリーは手摘みで収穫されます。

加藤珈琲店 世界規格Qグレード スペシャルティコーヒー コロンビア エルドラードスペシャル

この珈琲豆は、コロンビア南西部のウィラでも特に素晴らしいコーヒーが栽培されていることで有名なピタリート地区で栽培された珈琲豆です。

香り:★★★★
コク:★★☆☆
甘味:★★☆☆
苦味:★☆☆☆
酸味:★★☆☆

加藤珈琲店ホームページより

コロンビア エルドラードスペシャルは、Qグレードのコーヒーです。

Qコーヒーは、アメリカスペシャルティコーヒー協会SCAAの基準で、味覚評価80点以上の高品質のコーヒーです。

CQIが認定した3人のQグレーダーによって厳しく品質の味がチェックされています。

そして、合格した珈琲豆がコーヒー生産国から、日本へ輸出されます。

消費者の皆様はQグレードのコーヒーは、第三者による認証を受けていることから信頼と安心、間違いない風味のよいコーヒーを得ることができます。

ぜひお求めください。

加藤珈琲店 ホームページより

Qグレードのコーヒーとは、カッピングの資格を持つQグレーダーが、甘さ、酸味、質感、風味、後味、バランスなどの各カッピング項目に基づき、コーヒー豆を複合的に評価し、合計で80点以上で評価した豆のことです。

世界の珈琲鑑定士が認めた高品質コーヒーの称号です。

Qグレード(Q-Grade)とは高い品質をもつコーヒーに与えられる称号で、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のカッピング採点基準に基づき80点以上の高評価を獲得した珈琲ロットにQの称号が与えられます。SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)の関連団体であるCQI(Coffee Quality Institute)の認証です。世界規格認定のスペシャルティコーヒーなのです。

加藤珈琲店 ホームページより

Qグレーダーとは、米国スペシャルティコーヒー協会(Specialty Coffee Association of America(SCAA))が定めた基準・手順にのっとってコーヒーの評価ができると、コーヒー品質協会(Coffee Quality Institute(CQI))、場合によっては米国スペシャルティコーヒー協会とコーヒー品質協会の両方が認定した技能者のことです。

日本でも日本スペシャルティコーヒー協会(Specialty Coffee Association of Japan(SCAJ))が試験を行っており、Qグレーダーの資格を取得することができます。

評価方法は、コーヒー生産者またはその代理者がコーヒー品質協会の協力機関(In-Country Partner(ICP))に生豆サンプルを送ります。生豆サンプルを受け取った協力機関が3人のQグレーダーを選び、当該生豆サンプルの評価を委嘱します。選ばれたQグレーダー3人がSCAA方式のコーヒー評価法に基づいて当該生豆サンプルを評価します。80点以上の評価を受けることができれば、その生豆はQグレードを名乗ることができます。

焙煎

焙煎:シティロースト

中深煎りです。2ハゼ(ピチピチという音)が始まったぐらいの焙煎度です。

酸味と苦味がともに突出せず、バランスよく飲める焙煎度です。

コロンビアのウォッシュトはシティロースト(中深煎り)が最も適した焙煎度です。加藤珈琲もシティーローストで焙煎しています。コロンビアのウォッシュトは焙煎が非常に難しく、色の変化と味のバランスを見極めながら焙煎しないと、良い味が出ません。

パイナップルのようなフルーティーな酸味と甘味が目立ちます。シティーローストで深めの煎りですが、苦味は目立ちません。

<参考>

「コーヒーの国、コロンビア」,FNC コロンビアコーヒー生産者連合会<http://cafedecolombia.jp/colombia/>2019年5月30日アクセス.





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事