喫茶店(北海道札幌市):純喫茶オリンピア

純喫茶オリンピアは、北海道札幌市にある老舗の喫茶店です。1964年東京オリンピックの年に創業した純喫茶で、現在営業している札幌市の喫茶店のなかでは、最も老舗の喫茶店の1つです。

場所は北海道庁の北側、北4条ビルB1Fにあります。

スポンサーリンク

純喫茶オリンピア

入り口のドア
入り口を入ったところ
入り口に置かれているレコードと本
入り口横の雑貨
会計
雑貨
雑貨
シャンデリア

現在は完全禁煙ですが、昭和の喫煙時代に鉛色になったシャンデリアです。

オリンピックの彫刻版
店内
ピアノ
ピアノのそばにある観葉植物
オリンピア
リザ・ボーテ

純喫茶オリンピアは、現在で7代目の女性店主です。札幌の円山裏参道にあった「リザ・ボーテ(Liza Beaute)」の女性オーナーが純喫茶オリンピアに移り、2020年6月1日から雑貨とカーテンと喫茶の複合店舗となりました。

「さっぽろガイド:008 純喫茶オリンピア」,さっぽろガイド 2017年12月25日.

2017年12月25日のさっぽろガイドで、2017年当時の様子が紹介されています。

また、亜璃西社の和田由美著『さっぽろ味の老舗グラフィティー』の130-131ページに、純喫茶オリンピアの紹介があります。

内装もかつてのレトロな雰囲気から華麗な内装に変化し、「豪華な造り」にふさわしい内装に変化したように思います。

純喫茶保存協会」の「【札幌】オリンピア」の写真と見比べてみるのもいいでしょう。

メニュー
メニュー
名物のナポリタン
コーヒー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事