UCCカフェメルカード:インドネシアグヌンブラウ

今回はUCCカフェメルカードのインドネシア グヌンブラウを紹介します。UCCは上島珈琲店や珈琲館などのブランドを運営している誰もが知る大手のコーヒー店です。UCCカフェメルカードは良質で新鮮なコーヒーを販売している挽き売り店です。クラシフィカドール(コーヒー鑑定士)により、味覚、香り等、徹底的な品質テストをしたコーヒーだけを取り揃えています。

インドネシア グヌンブラウ

インドネシアは複数の島にまたがる東南アジアの島国です( 画像2枚目の太い線で囲まれている場所です)。首都はジャワ島に位置するジャカルタです。インドネシアは世界第3位のコーヒー生産量を誇る世界有数のコーヒー大国です。

インドネシアのコーヒー農園は小規模農園が全体の95%も占め、残りの大規模農園が国営と民営で半々です。インドネシアでは、17世紀にオランダ軍がアラビカ種をジャワ島に持ち込んだことにより、コーヒー豆の栽培が始まりますが、現在栽培されている品種はそのほとんどがロブスタ種です。これは19世紀後半にコーヒー栽培の大敵であるコーヒーさび病菌が流行し、従来のアラビカ種を栽培していた農園が壊滅的な被害を受けたため、病害に強いロブスタ種に切り換えられたためです。

具体的には、インドネシアのアラビカ種の主な品種は、カティモール種とジャワ・ティピカ種です。有名な銘柄としてマンデリンやトラジャ、ガヨ・マウンテンが挙げられます。1,000m以上の高地で栽培され、全体生産量の10%ほどです。残り90%以上を占めるロブスタ種は缶コーヒーやインスタントコーヒーの原材料となります。

主要産地は島ごとにスマトラ島がマンデリン、リントン、ガヨ・マウンテン、スラウェシ島がカロシ・トラジャを栽培しています。

インドネシアは石油や天然ガスを豊富に有する資源大国です。インドネシアの経済は石油の世界的な値上がりとともに劇的に成長しました。しかし、80年代初頭の石油価格の下落とともに、燃料補助金が国内経済を圧迫し始め、経済は停滞しました。そこでインドネシア政府は、経済の石油と天然ガスへの依存を緩和し、他の輸出品、主に製造品の価値を高めることを目的とした新しい政策を打ち出しました。

政府は輸入代替から輸出指向の製造へと移行した。同時に、国営産業にはそれほど重点が置かれておらず、産業への民間投資の発展により重点が置かれていました。

農業はインドネシア経済の伝統的な基幹産業でした。インドネシアはいくつかの重要な換金作物の主要生産国で、それらは国営の大規模農園、または民間の小規模農家で栽培されています。インドネシアは世界第2位のパーム油の輸出国で、他の重要な換金作物にサトウキビ、シナモン、ナツメグ、タバコ、クローブ、紙、ココア、紅茶、コーヒーが挙げられます。

インドネシア ブラワン農園

インドネシア グヌンブラウを生産するインドネシア ブラワン農園(Indonesia Java Blawan Estate)はジャワ島東部(East Java Island)イジェン高原(Ijen Plateau)に位置する国営農園です。標高800m~1,500mに位置しています。ジャワ島の国営コーヒー農園の中でも最も大きな国営農園です。

東ジャワは起伏の激しい地域で、ブロモ・テンゲル・スメル国立公園(Bromo Tengger Semeru National Park)内にそびえる標高3,676mの活火山であるブロモ山をはじめ、多くの火山があります。

ジャワ島は1699年にオランダ軍によってアラビカ種のコーヒーが持ち込まれたインドネシアで最初の場所で、それはすぐにインドネシアの多くの地方に広がりました。 そして、1712年までにインドネシアコーヒーがアムステルダムに初めて輸出されるまでになりました。何年にもわたって輸出が伸びるにつれて、ジャワ島のコーヒーの評判も高まってきました。それ以来、ジャワ島はインドネシアコーヒー貿易の中心地であり続けています。

ジャワ島は首都ジャカルタがある西部が本拠地ですが、コーヒー生産は主に島の反対側にあるイジャン高原で行われます。イジャン高原は海を渡って東のわずかな距離にバリ島があり、鉱物質の豊富な火山性土壌、適度な降雨量、亜熱帯気候の恩恵を受けています。

東ジャワのアラビカ種の約85%が、オランダ植民地支配下で1894年に設立されたインドネシア国営農園会社であるPTPによって所有及び運営された農園で生産されており、残りの15%は小規模農園によって伝統的な技術によって生産されています。

インドネシア ブラワン農園の位置するブラワン(Blawan、別名BelawanまたはBlauan)は、オランダの植民地時代にさかのぼる5つの地域の1つです。5つの地域にはブラワンのほかに、Jampit(またはDjampit)、Pancoer(またはPancur)、Kayumas、Tugosariがあります。そして、ブラワン、Jampit、Pancoer、Kayumasにジャワ島の4つの主要な国営のコーヒー農園があります。

精製方法

インドネシアは熱帯性気候で温度と湿度が高く、ドライミルが困難だったため、通常「スマトラ式」と呼ばれる半水洗式で精製されますが、 ブラワン(Blawan)やJampitなどのジャワ島のエステートコーヒーはウォッシュト(湿式)で精製されます。イジェン高原は亜熱帯気候の影響を受けているため、スマトラ島やスウェラシ島では困難なウォッシュト精製が可能です。ウォッシュト(湿式)は、収穫したコーヒーチェリーの果肉と外皮を除去し、水洗いをしたパーチメント付きのコーヒー生豆を乾燥させ、完全乾燥後にパーチメント(果肉除去した後のコーヒー豆)を脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするため綺麗な味わいに仕上がり、コーヒー豆が持つ本来の風味を楽しむことが出来ます。そのため、東ジャワのアラビカ種コーヒーはインドネシアのコーヒーの中でも特にきれいな味に仕上がります。

品種

ジャワ島はジャワロブスタで有名ですが、インドネシア グヌンブラウはアラビカ種です。ブラワン農園ではティピカ(Typica)とカティモール(Catimor)を生産していますが、インドネシア グヌンブラウの品種はティピカです。

ブラワン農園はさび病に耐性のある品種として開発されたインドネシア・ハイブリット、ブラワン=パスマー(Blawan-Pasoemah, BLP)を生み出したことでも知られています。これはスマトラ島南部にあるパスマー農園で発見された高収量のアラビカ種パスマー(Pasoemah, またはPasumah)を改良した品種で、アラビカ種でありながら高収量でさび病に高い耐性を保つため、インドネシア各地に広まっていきました。

ジャワ島のコーヒーはスマトラ島とスラウェシ島と異なり、チョコレートのような甘味としっかりしたボディ、酸味が弱く、ウォッシュトの綺麗な味を特徴としています。

インドネシア グヌンブラウはハーブのようなフレーバー、チョコレート甘味と豊かなボディが特徴です。インドネシアでは珍しいウォッシュト精製のキレイな味を楽しめると思います。

UCCカフェメルカードのインドネシア グヌンブラウ

グヌンブラウは「青い山」の意味で、その青みががった独特の土壌に由来します。 グヌンブラウは国営のブラワン農園の中にある、特別区画のロットです。

インドネシアでのコーヒー栽培の歴史は古く、1696年にインドから伝わりました。 この農園では、ジャワ島にコーヒーが伝わった当時の「ティピカ種」を守り続けて栽培しています。
最大の特徴は、昔ながらの徹底した水洗加工技術の高さです。収穫後、果肉除去されたコーヒーチェリーは、36時間水槽につけて発酵させたのち、天日乾燥しますが、その際の温度が40度を超えないように細かく調整を行っています。 素晴らしい加工処理がもたらす、クリーンな味わいを楽しめます。

ほの珈琲 ホームページより

焙煎

焙煎:フルシティロースト(8段階中6番目)

深煎りです。イタリアなどで好まれます。2ハゼ(ピチピチという音)が一番大きくなったあたりの焙煎度です。
酸味は消えて、苦味が強く出てきます。アイスコーヒー、エスプレッソに用いられます。

マンデリンは深煎りで最もその個性が出る豆です。深煎り以外で焙煎されることはほぼありません。

欠点豆が見られます。

ハーブのようなフレーバーとチョコレートのようなコクが特徴です。深煎りのため苦味が強めですが、ウォッシュトのため比較的綺麗な味に仕上がっています。




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事