スターバックス リザーブ®:コロンビア ティンビオ

今回はスターバックス リザーブ®のコロンビア ティンビオの紹介です。スターバックスは言わずと知れた世界的なコーヒーチェーンです。スターバックス リザーブ®は一部限定店舗でのみ取り扱われる希少なコーヒー豆です。お店で飲むこともできますが、豆を購入することもできます。お店ではクローバーというスターバックス独自の抽出マシーンで淹れたコーヒーを飲むことができます。

スポンサーリンク

コロンビアコーヒー

コロンビアはカリブ海と大西洋に面する南アメリカ大陸北部の国です。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマとコーヒー生産国に囲まれています。首都はボゴタ(Bogota)です。ブラジル、ベトナムについで、世界第3位のコーヒー生産大国であり、年間平均1,200万袋(1袋60kg)、720,000トンです。コロンビアは南北にアンデス山脈が縦断しているため、山岳地帯の面積が広いです。地域によって標高差が大きく、雨季と乾季が異なるため、一年を通じてコーヒー豆を収穫できます。

コロンビア国内の大半の生産地では収穫期が1年に2度あります。北部の地域ではメインの収穫期が11月、そして5月~6月にかけて第2 期の収穫(mitaca、ミタカ)が行われます。南部地域ではそれとは逆に、メインの収穫期が5月から6月で、ミタカは11月に行われます。

アンデス山脈では、年間1,600-1,800時間の日照時間が良質なコーヒー栽培にとって最適とされており、日照量をコントロールするためにシェード(遮光)栽培を行っています。この土地の 雨季と乾季が交互で訪れる気候条件も、良質なコーヒー栽培には不可欠です。

コロンビアコーヒーは全体としては、フルーティーな風味と味わいが特徴で、柑橘系の芳醇な香り、滑らかで甘い風味、豊かなコクとほど良い酸味のあるマイルドなコーヒーです。コロンビアコーヒーは地域によって、それぞれ風味が微妙に異なります。

コロンビアコーヒーは、アンデス山脈のいたるところで栽培されています。アンデス山脈は3つの連峰に別れていて、この連峰によって分けられた地域には、それぞれ気候に違いが見られます。コロンビアのコーヒー生産地域は北部、中部、南部の大きく三つに分けることができます。北部・中部の年間平均気温は20.5℃、南部の年間平均気温は19.5℃となっていて、南部より北部のほうが気温が高めです。全体的な風味の傾向としては、南部よりも北部のほうがはっきりとした酸味、しっかりとしたボディ、強いコクが感じられます。スターバックス リザーブ®のコロンビア ティンビオを生産するティンビオ市は南部に位置しています。

南部にはナリーニョ(Nariño)、カウカ(Cauca)、ウイラ(Huila)、スール・デ・トリマ(Sur del Tolima)地域があります。赤道に近いこの地域では、標高が高く、気温が低い土地で栽培されます。第1 期のメインの収穫期が5月から6月で、第2期のミタカは11月に行われます。味はコロンビアコーヒーのなかでも特に酸味が高く、パイナップルのような甘酸っぱい味わいが特徴ですが、酸味よりも甘味のほうがより優れた味わいです。

コロンビアコーヒーの大部分は多くの小規模農家が生産したコーヒーを協同組合や生産者協会が集積した大ロットです。そのため、単一農園によるシングルオリジンは珍しく、高品質のコーヒーを他のコーヒーからいかに分離するかが課題となっています。

スターバックスはコロンビアのコーヒー産業を支え、生産者とパートナーシップを組むために、2013年にコロンビアのマニサレスにファーマーサポートセンターを開設しています。

スポンサーリンク

カウカ県

コロンビア ティンビオを生産するティンビオ市(Timbio)はコロンビア南部のカウカ県に位置しています。カウカ県は東にウィラ、西にナリーニョがある著名なコーヒー生産地と近接している有名なコーヒー生産地域です。コーヒーの他にも、豆やトウモロコシ、観葉植物のユッカなどを栽培する農業地域です。「カウカ」の名前はこの地を南から北へ流れるカウカ川に由来しています。ティンビオ市はカウカの州都であるポパヤン(Popayan)のすぐ南に位置しています。ポパヤンの名前は先住民族のケチャ(Quecha)の言葉で「川の谷」を意味する"Pampayán"から取られています。

カウカ県は標高1,700m~1,900mの高地で、昼夜の寒暖差が激しく、コーヒーチェリーが収縮を繰り返し、引き締まったコーヒーを生産できます。あまり高低差がなく、気候が安定しているため、他の地域と比べ、ばらつきのない安定した味のコーヒーを生み出すことができます。また、アンデス山脈から流れてくる綺麗な水、年間降雨量1,950mmの豊富な降水量、温暖な気候、火山性土壌が高品質のコーヒーを生産することを可能にしています。

カウカとウィラは平均約1,5ヘクタールの農園を持つ小規模農家が大半で、一回の収穫で約50袋が収穫されます。

カウカのコーヒーの一般的な特徴は、キャラメルのような香味と甘味、フルーティーな酸味があり、コクがほどほど、全体としてバランスがよく、まろやかな味です。

スポンサーリンク

コロンビア ティンビオ

ティンビオ市は1535年11月1日にスペインのコンキスタドールJuan de AmpudiaとPedro de Añascoによって設立されたコロンビアで3番目に古い自治体です。ティンビオのティム(Tim)は先住民族ケチャの言葉で「結合」を意味し、二つの川が合流する地帯です。

ティンビオ市はカウカ県ポパヤンのすぐ南、アンデス高地の丘と山のまだらな地域で、その経済活動のほとんどが農業に集中しています。年間降水量1,800mm、4,700ヘクタールでコーヒーノキが栽培されており、4,600以上のコーヒー農家がいます。コロンビア ティンビオはティンビオ市の小規模農家の生産したコーヒーを集めたロットです。ティンビオ市ではコーヒーの他にも、豆、トウモロコシ、バナナ、キャッサバ、温室栽培トマトなどを生産しています。

また、ティンビオ市は最近までゲリラやコロンビア革命軍(FARC)の影響を強く受けていました。

品種

品種はカスティージョ(Castillo)、コロンビア( Colombia,)、カトゥーラ(またはカツーラ、Caturra)です。これらはコロンビアでよく栽培されている品種です。

精製方法

精製方法はウォッシュト(湿式)です。

スターバックス リザーブ®のコロンビア ティンビオ

スターバックス リザーブ® コーヒーは、世界中のスターバックスの中でも限定店舗で販売しております。また、ご注文ごとにコーヒー豆を挽き、一杯ずつおいれしたコーヒーのご提供をしています。

スターバックスホームページより

こちらが商品説明のカードです。コーヒーについて詳しい説明が書いてあります。

※ラベルデザイン
このカードのデザインのモチーフは、厳しい環境でも素晴らしい味わいのコーヒーを栽培するために必要とされる、緻密な技術です。背景に描かれた線と水の模様で、予測のつかない天候によってもたらされる強い風と激しい雨を表現しています。また細い金色の線でコーヒーの木を描き、生産者のコーヒー栽培へのこだわりと、心を込めて育てられた、コーヒーの素晴らしい味わいを表しています。

スターバックスホームページより

100gと250g単位で売っています。こちらは100gです。

焙煎

スターバックスは、コーヒーをローストのレベルで、スターバックスブロンドロースト(浅煎り)、スターバックスミディアムロースト(中煎り)、スターバックスダークロースト(深煎り)の3つに分類しました。豆ごとに少しずつ異なるローストの時間や温度を40年もの蓄積された経験と技術をもったマスターロースターが探求しています。こちらのコロンビア ティンビオはスターバックスミディアムローストであると思われます。

焙煎:スターバックスミディアムロースト

バランスのとれた、まろやかさと豊かな風味が特長。

欠豆、貝殻豆など、欠点豆が若干あります。

カシスのようなフレーバーとダークチョコレートのようなコクとほのかな甘さがあります。

<参考>

「コロンビア ティンビオ」,スターバックス リザーブ®<https://www.starbucks.co.jp/beans/reserve/4524785383241>2019年5月12日アクセス.

「TIMBIO - CAUCA」, Falcon Specialty<https://falcon-specialty.myshopify.com/products/timbio-cauca>2019年5月12日アクセス.

「Cauca - Timbio」, Cafe Imports<https://www.cafeimports.com/europe/beanology/view/cauca-timbio-grainpro-4499>2019年5月12日アクセス.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事