澤井珈琲:クイーンモカとモカブレンド

今回は澤井珈琲Beans&Leaf店のクイーンモカとモカブレンドを紹介します。こちらは楽天市場でも加藤珈琲店と並ぶ大手のコーヒー店です。銘柄豊富なので、ゲイシャやモカマタリなど近所で見つからないレアな銘柄もこちらで購入できます。本社は鳥取県にあり、鳥取県と東京都に複数実店舗があります。

澤井珈琲 Beans & Leaf店のクイーンモカ

エチオピアは東アフリカに位置する内陸国です。北をエリトリア、東をソマリア、南をケニア、北西をスーダン、北東をジプチに囲まれています。首都はアディスアベバです。また、かつてエチオピアはアビシニアと呼ばれていました。エチオピアコーヒーの主要な産地として、コーヒーの名の由来といわれるカファ地方、南部のシダマ地方、東部山岳地帯のハラー地方があります。国土のほとんどは高地にあたり、年間平均気温が13℃で涼しい気候です。

エチオピアはグレート・リフト・バレー(Great Rift Valley、大地溝帯)の入り口にあたり、北東の紅海から南西に向かって国土を半分に割るようにグレート・リフト・バレーが貫いています。グレート・リフト・バレーの西と東で、コーヒーノキのタイプに違いが見られます。エチオピアモカ ベレテゲラが栽培されるベレテの森とゲラの森があるジンマは西側に位置付けられます。西側には自生のコーヒーノキがみられ、べテラゲラは西側で採取できるアラビカ種コーヒーの起源の自生種です。

「モカ」という冠がつくコーヒーは、イエメン南西部サナア州バニー・マタル(マタリ)地方で生産される「モカ・マタリ」に代表されるイエメン産、エチオピア東部ハラール州で生産される「モカ・ハラール」に代表されるエチオピア産の二つがあります。この「モカ」という呼び名は、イエメンの紅海に面した西海岸の港町「モカ」から由来しています。イエメンの山岳地帯で収穫されたコーヒーは「モカ」に集められ、イスラム諸国、ヨーロッパへと輸出されていきました。

「モカ」の特徴は、「モカ臭」と呼ばれる独特の発酵臭です。また、コーヒー豆の形や大きさも不揃いで、最高グレードでも欠点豆が多いです。イエメン・モカは麝香を思わせる芳醇な香り、コクのなかに酸味を感じさせる複雑な味わいが他の豆にはない特徴です。それに対して、エチオピア・モカはコクは控えめで、さわやかな味わいと酸味が特徴です。イエメン産のコーヒーは数種類しかなく、収穫量も少ないです。それに比べてエチオピア産は数千種類あり、収穫量も多いです。

澤井珈琲Beans&Leaf店のクイーンモカは「エチオピア モカハラー ロングベリー」のことです。モカハラーの生産されるハラール(Harar)はエチオピア東部のハラリ州の都市です。エチオピア高原の東の丘の上にあり、海抜1900mと高い標高、火山灰土壌、昼夜の寒暖差の大きい気候が、コーヒー栽培にふさわし環境を生み出しています。ハラールは7世紀から11世紀の間につくられた都市で、エチオピア正教という独特のキリスト教信仰を持つキリスト教国のエチオピアの中で、イスラム色の強い都市です。ハラールは16世紀頃までエチオピアとは独立した都市であり、領土を巡る争いに備えるために作られたジュゴルと呼ばれる高さ5m城壁に囲まれています。ハラールには87のモスクが存在し、16世紀から19世紀前半にかけてはイスラームにおける第4の聖地とも考えられていました。当時は禁断の町であったハラールに最初に足を踏み入れたヨーロッパ人は、大英帝国の冒険家、リチャード・バートン卿(Sir Richard Francis Burton)です。後に商人となったフランスの詩人アルチュール・ランボー(Arthur Rimbaud)もこの町に滞在しています。

ハラール滞在中のランボー

ハラーはエチオピア西部のハラー地区で一般的な品種です。木に力があり、生産性が高いですが、病気にかかりやすいのが特徴です。 モカハラーは、豆の大きさによって3つの規格に分けられています。

  1. ボールドグレイン(Bold Grain)
  2. ロングベリー(Long berry)
  3. ショートベリー(Short berry)

この中でボールドグレインが最高品質です。ボールドグレインは大粒の豆が2度に渡って選別されたものです。高品質で、数量が少ないため高級品として取引されています。モカハラーではロングベリーが一般的な品質規格です。通常モカハラーと呼ばれるものはロングベリーの規格です。澤井珈琲のクイーンモカはロングベリーの上級品です。

エチオピアのコーヒー豆は、欠点豆の混入率によって格付けされています。

グレード 300g中の欠点の数
G1 0~3個
G2 4~12個
G3 13~27個
G4 28~45個
G5 46~90個

等級には欠点豆の混入率によって、グレード1~8までに分けられています。 日本に輸入されているのはグレード5以上のもので、 湿式タイプはグレード2に格付けされています。 湿式タイプで代表的なものが、イルガチェフェで、 乾式タイプの代表的なものにモカハラーがあります。

モカハラーロングベリーは、別名モカの貴婦人と呼ばれています。豆は薄い緑黄色で、細長い形が特徴です。フルーティーで芳醇なフレーバー、柔らかな酸味、蜜のような甘味、軽い苦味と滑らかなコクが特徴です。

クイーンモカ
薫り ★★★★☆
コク ★★✪☆☆
酸味 ★★★☆☆
苦味 ★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

アフリカはエチオピアのハラール地方の標高2,000mクラスで丁寧に熟した完熟豆のみを丁寧に手摘した豆で、コーヒーのモカと称されるモカの中でも、ロングベリーの上級品です。エチオピアの高い山々の火山灰がおりなした土壌で、昼夜激しい温度格差と太陽に近い高山に降り注ぐ温かい太陽が大切に育ててくれたこちらのコーヒーは、心地よい爽やかな薫りとまるでエキゾティックな花々の蜜のようなと甘味をあわせ持った、女性にぜひ、おすすめしたい上品なコーヒーです。(澤井珈琲ホームページより)

焙煎

焙煎:ハイロースト(8段階中4番目)

中深煎りです。ちょうど真ん中、バランスのとれた焙煎度合いと言えます。1ハゼ(パチパチという音)と2ハゼ(ピチピチという音)の中間ぐらいの焙煎度です。ミディアムローストまでに比べ 酸味が押さえられ、苦味・甘味が強くなってくる段階です。酸味と苦味の調和が取れており、酸味は残っていますが、ほんのりと苦味も感じられる焙煎度です。

証明書がついてきます。

エチオピアコーヒーは脂肪分が多く、割れやすいため、欠点豆が出来やすい特徴がありますが、こちらは欠点豆少ないです。豆が細長い形をしています。

澤井珈琲店は注文を受けてから焙煎しているので、新鮮なまま飲むことができます。

最高級のモカと比較するとモカフレーバーは控えめですが、心地よいフレーバーと蜜のような甘味が特徴的です。

購入はこちらから。

セットはこちらから。

澤井珈琲 Beans & Leaf店のモカブレンド

澤井珈琲 Beans & Leaf店のモカブレンドはクイーンモカを使ったブレンドコーヒーです。ブラジル、コロンビア、エチオピアの豆とブレンドされ、クイーンモカよりも優しい味わいに仕上げています。

モカブレンド
薫り ★★★★☆
コク ★★★☆☆
酸味 ★★★☆☆
苦味 ★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

人気のモカハラーをベースにした甘い薫りと優しい口当たりに重点をおいて丁寧にブレンドしたモカブレンドです。その豊かで甘い薫りは女性を中心に幅広い年齢層に人気があり、実店舗のほうでは、一番人気のブレンドコーヒーです。口の中に含むと、優しい口当たりの中で口いっぱいに魅惑の薫りが広がっていくそんなブレンドコーヒーです。 モカはニガテという方も固定観念にとらわれずお試し頂きたい一品です。(澤井珈琲ホームページより)

焙煎

焙煎:ハイロースト(8段階中4番目)

中深煎りです。ちょうど真ん中、バランスのとれた焙煎度合いと言えます。1ハゼ(パチパチという音)と2ハゼ(ピチピチという音)の中間ぐらいの焙煎度です。ミディアムローストまでに比べ 酸味が押さえられ、苦味・甘味が強くなってくる段階です。酸味と苦味の調和が取れており、酸味は残っていますが、ほんのりと苦味も感じられる焙煎度です。

証明書がついてきます。

欠豆、貝殻豆少し見られますが、少ないです。

澤井珈琲店は注文を受けてから焙煎しているので、新鮮なまま飲むことができます。

モカブレンドよりも香りは控えめになっていますが、バランスが良く、優しい味わいに仕上がっています。モカブレンドの方が飲みやすく、誰にでもオススメできます。

購入はこちらから。

インスタントコーヒーもあります。

セットはこちらから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事