澤井珈琲:ブレンドコーヒー(優しい味)続き

今回は澤井珈琲Beans&Leaf店のブレンドコーヒー 優しい味を紹介します。こちらは楽天市場でも加藤珈琲店と並ぶ大手のコーヒー店です。銘柄豊富なので、ゲイシャやモカマタリなど近所で見つからないレアな銘柄もこちらで購入できます。本社は鳥取県にあり、鳥取県と東京都に複数実店舗があります。

ブレンドコーヒーとは

ブレンドコーヒーとは、各品種のコーヒー豆を、好みの焙煎度、分量、比率で配合して作るコーヒーのことです。ストレートのコーヒーはそれぞれクセがあります。そのため、コーヒーに慣れていない人が飲みやすいように、コーヒー販売店や工場では、香り、酸味、苦味、コク、甘みなどをバランスよく考慮してブレンドしています。あるいはまた、それぞれのコーヒー会社や喫茶店が他社や他の喫茶店と味を差別化する目的で作られます。ブレンドにコーヒーのブランド名を冠する場合には、そのコーヒー豆が30%以上含まれていること条件であると、公正取引委員会で決められています。例えば、「ブルーマウンテンブレンド」と名を付ける場合には、ブルーマウンテンが30%以上含まれていなければなりません。逆に言うと、残りの70%には取り決めがないため、どんな質の悪い豆を使っても「〜ブレンド」と名乗れてしまうという問題点もあります。

ブレンドコーヒーはベースとなるコーヒー豆によって味の主たる部分は決まります。

ブレンド名ベース豆
コンチネンタルブレンドイエメン モカマタリ
スペシャルブレンドブラジル サントスNo.2
ブレンドフォルテシモブラジル サントスNo.2
オータムパレードブレンドブラジル イエローマウンテン
モカブレンドクイーンモカ(エチオピア モカハラー ロングベリー)
ロイヤルブレンドカリブマウンテン(メキシコ アルツラ)
冬のブレンドー淡雪ーカリブマウンテン(メキシコ アルツラ)
アニバーサリーブレンドカリブ海のコーヒー
出雲神話の郷ブレンドメキシコ メルセデス
クリスタルマウンテンブレンドキューバ クリスタルマウンテン
キリマンジャロブレンドタンザニアAA タデラ
やくもブレンドグァテマラSHB
エメラルドマウンテンブレンドコロンビア エメラルドマウンテン
スプリングブレンドホンジュラス

これらさまざまな産地のコーヒーをベースに、ブラジルやコロンビアなどをブレンドすることによってバランスの良く飲むやすいコーヒーに仕上げています。

前回はコンチネンタルブレンドからアニバーサリーブレンドまでだったので、その続きです。

メキシコ メルセデスのブレンド

出雲神話の郷ブレンド

薫り★★★☆☆
コク★★★☆☆
酸味★★★☆☆
苦味★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

澤井珈琲-Beans&Leaf-のコーヒーが誕生して、30年余り。多くのお客様のご愛顧を頂きながら、 現在もその衰える事のない人気のブレンドコーヒーこちらは、メキシコ産の高級豆をベースにして、華やかな香りと気品のあるきれいな味わいが特徴豊かな旨みの香るブレンドコーヒーです。

澤井珈琲ホームページより
証明書

焙煎

焙煎:ミディアムロースト(8段階中3番目)

中浅煎りです。ちょうど基準となる焙煎度です。1ハゼが終わったぐらいの焙煎度です。酸味が強く、苦味は弱いです。焙煎する最初の段階の時にちゃんと水分抜きを行わないと、渋みが目立って、飲みにくくなります 。コーヒー豆の品質が味にわかりやすく表現される焙煎度合いです。高級豆はこのミディアムローストが多いです。

欠点豆少なく、キレイな豆です。

透き通ったキレイな味わいが特徴です。苦味が少なく、飲みやすく仕上がっています。

キューバ クリスタルマウンテンのブレンド

クリスタルマウンテンブレンド

クリスタルマウンテンブレンドはキューバのクリスタルマウンテンにブラジルその他の豆がブレンドされています。

薫り★★★☆☆
コク★★★☆☆
酸味★★★☆☆
苦味★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります

カリブ海の太陽の王国キューバ。ブルーマウンテンのジャマイカと同様に、世界的にコーヒー愛飲家から愛されるこの国で産出されるコーヒーは、香り豊かで酸味・苦味・コクのバランスが良くとれたマイルドなコーヒーです。
その優雅で気品のある味わいは、カリビアンコーヒーの最高傑作として世界中で愛されています。
そのキューバの中でも、最高級クラスで全体の3~4%のものだけというわずかなトップクラスのコーヒー豆が「クリスタルマウンテン」の名を名乗ることが出来ます。
名前の由来は水晶がとれる高山にコーヒーが栽培された事から名付けられたと言われています。

澤井珈琲ホームページより
証明書

焙煎

焙煎:ハイロースト(8段階中4番目)

中深煎りです。ちょうど真ん中、バランスのとれた焙煎度合いと言えます。1ハゼ(パチパチという音)と2ハゼ(ピチピチという音)の中間ぐらいの焙煎度です。ミディアムローストまでに比べ 酸味が押さえられ、苦味・甘味が強くなってくる段階です。酸味と苦味の調和が取れており、酸味は残っていますが、ほんのりと苦味も感じられる焙煎度です。

欠点豆少しあります。

少し深めの煎利のため、コクがあり、ハッキリとした主張のある味に仕上がっています。全体的にバランスのとれた味わいです。

タンザニアAAタデラのブレンド

キリマンジャロブレンド

薫り★★★☆☆
コク★★★☆☆
酸味★★★☆☆
苦味★★★☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

キリマンジャロの万年雪が育てたコーヒーをベースにして、キリマンジャロの豊かな薫りと旨みを引き出し、さらに美味しく仕上げました。キリマンジャロ自体は豊かな酸味と独特の香りをあわせ持つコーヒー豆です。日本人のイメージとしてはコーヒーといえばキリマンジャロという方も多いのではないでしょうか。どちらかというと男性に好まれる傾向にあるようです。なんといってもその名があまりにもインパクトがあるからでしょうか?薫り高いキリマンジャロブレンドで午後のコーヒーブレイクなんてしたら、気持ちの底から元気になってしまう、そんなブレンドコーヒーです。

澤井珈琲ホームページより
証明書

焙煎

焙煎:ミディアムハイロースト(8段階中3番目と4番目の間)

ミディアムハイローストはミディアムローストより少し強めに煎った程度です。ハイローストほど深煎りではありません。比較的浅煎りの、2ハゼ(ピチピチという音)が始まったくらいの焙煎度です。酸味と苦味の調和が取れており、酸味は残っていますが、ほんのりと苦味も感じられる焙煎度です。

欠豆、貝殻豆少し見られますが、欠点豆少なめです。

タンザニアは独特の酸味が特徴のコーヒーですが、他の豆とブレンドされているため、バランスが良く飲みやすくなっています。焙煎はタンザニアAAタデラよりも若干浅めなため、よりスッキリした味わいです。

グァテマラSHBのブレンド

やくもブレンド

やくもブレンドは澤井珈琲の中でも一番人気のブレンドコーヒーです。

薫り★★★✪☆
コク★★✪☆☆
酸味★★☆☆☆
苦味★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

Beans&Leafは有名な宍道湖を望む島根県にございます。島根県は古くから出雲神話や小泉八雲が有名な地域です。Beans&Leafがこの島根県から全国へ美味しいコーヒーをご提供したいと考えたのが、こちらの『やくもブレンド』です。こちらは、花のような香りと気品のあるきれいな味わいが特徴のグァテマラSHBをベースにした豊かな旨みの香るブレンドコーヒーです。この『 やくもブレンド 』を楽しみながら、遠い島根の情景を思い浮かべてやってくださいませ。やくもブレンドは清清しい花のような爽やかな芳香と、キレのある甘みを感じて頂けれるブレンドコーヒーですので、お好みのすべての焙煎に適します。

澤井珈琲ホームページより

焙煎

焙煎:ミディアムハイロースト(8段階中3番目と4番目の間)

ミディアムハイローストはミディアムローストより少し強めに煎った程度です。ハイローストほど深煎りではありません。比較的浅煎りの、2ハゼ(ピチピチという音)が始まったくらいの焙煎度です。酸味と苦味の調和が取れており、酸味は残っていますが、ほんのりと苦味も感じられる焙煎度です。 

証明書

欠豆、貝殻豆が若干見られます。

フルーツやフローラルな香りが豊かなのが特徴です。グァテマラコーヒーの特徴がよく出ています。酸味、甘味、苦味は控えめで、バランスが取れた味わいです。クセが少なく、スッキリして、飲みやすいです。誰にでもオススメできます。

コロンビア エメラルドマウンテンのブレンド

エメラルドマウンテンブレンド

薫り★★★✪☆
コク★★★✪☆
酸味★★★✪☆
苦味★✪☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

コロンビアを代表する宝石エメラルドの名を冠することを許された最高級珈琲豆を贅沢に使用。その仕上がりは比類なき味わいと花のような素晴らしく風順な香りです。そして上品で甘美な味わいとなっております。

澤井珈琲ホームページより

焙煎

焙煎:ミディアムロースト(8段階中3番目)

中浅煎りです。ちょうど基準となる焙煎度です。1ハゼが終わったぐらいの焙煎度です。酸味が強く、苦味は弱いです。焙煎する最初の段階の時にちゃんと水分抜きを行わないと、渋みが目立って、飲みにくくなります 。コーヒー豆の品質が味にわかりやすく表現される焙煎度合いです。高級豆はこのミディアムローストが多いです。

画像の大粒の豆がエメラルドマウンテンです。エメラルドマウンテンにブラジル他の豆がブレンドされています。

エメラルドマウンテンはもともと酸味、苦味、甘味のバランスが良いコーヒーですが、こちらのブレンドはエメラルドマウンテンと比べると焙煎が一段階浅く、他の豆とブレンドされているため、雑味が増え味わいが薄くなっているように感じます。

ホンジュラス

スプリングブレンド

薫り★★★☆☆
コク★★★☆☆
酸味★★✪☆☆
苦味★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

スプリングブレンドは、春に美味しいコーヒーをテーマにして仕上げたブレンドコーヒーです。こちらのブレンドは、クセが少なくブレンドに最適なホンジュラス産のコーヒー豆を使用しております。素材自体の旨みと爽やかなコクのコーヒーに仕上がっております。。ちょっとだけミルクを入れてお召し上がり頂くとより美味しくお召し上がりいただけます♪

澤井珈琲 ホームページより

焙煎

焙煎:ミディアムハイロースト(8段階中3番目)

ミディアムハイローストはミディアムローストより少し強めに煎った程度です。ハイローストほど深煎りではありません。比較的浅煎りの、2ハゼ(ピチピチという音)が始まったくらいの焙煎度です。酸味と苦味の調和が取れており、酸味は残っていますが、ほんのりと苦味も感じられる焙煎度です。 

欠点豆少なく、キレイな豆です。

香ばしく爽やかな味わいですが、口の中にほんのりと苦味が残ります。バランスの良いブレンドですが、口の中に残る苦味が印象的です。

ブラジル コロンビア

朝におすすめのブレンド

薫り★★★✪☆
コク★★★☆☆
酸味★★★☆☆
苦味★★☆☆☆

★は5段階表記しています。
★が多いほど強くなります。
✪は★の半分になります。

私達の生活シーンをより豊かで幸せな物にしてくれるコーヒータイム…。今回、澤井コーヒーがお届けいたします、「朝におすすめのブレンド」の特徴は、上品な口当たりと豊かに口の中に広がるコーヒーの甘い薫りを堪能していただけるブレンドコーヒーです。上品でクセの全く無い味わいのブレンドに仕上げておりますので、ストレートで、純粋なコーヒーの美味しさをお楽しみください。そして、ひと口、お召し上がりいただければ、これこそ、澤井珈琲の美味しさだと、すぐに実感していただけるはずです。

澤井珈琲 ホームページより

焙煎

焙煎:ミディアムロースト(8段階中3番目)

中浅煎りです。ちょうど基準となる焙煎度です。1ハゼが終わったぐらいの焙煎度です。酸味が強く、苦味は弱いです。焙煎する最初の段階の時にちゃんと水分抜きを行わないと、渋みが目立って、飲みにくくなります 。コーヒー豆の品質が味にわかりやすく表現される焙煎度合いです。高級豆はこのミディアムローストが多いです。

欠点豆少しあります。

クセがなく、とてもクリーンな味に仕上がっています。非常に飲みやすいですが、あっさりし過ぎていて個性がなく、物足りなく感じる人もいると思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事