ニューカレドニアのコーヒーの歴史(5):フェイエのユートピアからムニエのディストピアへ

(4)の続き。

コーヒーの繁栄と衰退

1920年から第二次世界大戦の前夜まで、収穫の不規則性から生じる毎年の変動は別として、コーヒーの生産量は着実に増加した。30年代に入ると急速に生産量が増加し、第二次世界大戦の前夜に生産量はピークを迎えた。下記の輸出量のグラフからは、1930年の700トンから1939年の2,350トンまでコーヒー輸出量が急増し、戦時中にほぼ消えるのがわかる。

1919年から1965年までのニューカレドニアのコーヒーの輸出量(Le café en Nouvelle-Calédonie. Grandeur et vicissitude d'une colonisationより引用)

1930年代以来のコーヒー生産量の増大の決定的な要因は、1925年以降の政府が公式にコーヒー栽培に乗り出してから、コーヒー栽培がカナックの間に急速に拡大したことだった。1928年の時点で、ニューカレドニアは952トンのコーヒーを輸出しており、フランスの植民地下では、マダガスカルに次ぐ2番目の輸出量だった。

ニューカレドニアは当時アラビカ種とロブスタ種を生産しており、ニューカレドニア産の高級アラビカ種はモカに匹敵する高品質のコーヒーとして知られていた。ニューカレドニア産のロブスタ種もまた、品質が大幅に改善され、ジャバ・ロブスタよりも高品質なものとして知られていた。

カナックのコーヒー栽培それ自体は新しい現象というわけではなかった。一部の地域では、入植者がカナックの地域でコーヒー農園を設立するための苗木を探すこともあった。これは1893年に入植者がオート・ファタヌエ(Haute-Fatanoué)のカナックからコーヒーノキを購入して以来、特にヴォー村(Voh)で見られたことだった。このヴォー村のコーヒーはおそらく、東海岸のイヤンゲヌ(Hienghène)またはワガプ(WagapまたはOuagap)から伝えられたものである可能性が高い(2010年このヴォー村にニューカレドニアコーヒーのエコミュージアムが設立された)。

ヴォー村のエコミュージアム、CALEDONIAより

フェイエはカナックを貨幣経済に統合するためにコーヒー栽培を推奨したが、その夢は道半ばで終わった。コーヒーに限らず、ニューカレドニアで換金作物による植民地開発に成功したのは、憲兵隊の大尉であり、先住民経済管理(Le Service des affaires indigènes)の長官、ムニエ(Meunier)である。

ムニエ

ムニエがニューカレドニアにやってきたのは1931年であった。彼は傷病兵として送還された第一次世界大戦の退役軍人であった。モロッコと7年間フランス領ギアナに滞在していた彼は、ニューカレドニア植民地の状況を素早く把握することができた。彼はニューカレドニアの先住民であるカナックを「近代化」するための政策を作り上げた。

1887年に始まったニューカレドニアの「先住民体制」は、1900年からはグラン・テール島の農村地帯を管理する憲兵隊に引き継がれた。そのためこの時点では、憲兵隊の大尉であるムニエがカナックの指導的立場となった。

ムニエはコーヒーの生産に関するすべてを整理し、成文化し、規則化した。彼はコーヒー生産を促進するために、カナックに必要資材の輸入と農業技術を指導した。彼はカナックが彼の政策に同意する限りにおいて彼らを保護し、同意しない場合には彼の政策を「強制」した。

カナックは彼らの住居である丸い藁小屋を燃やし、その土地でコーヒー栽培をすることを強制された。もし従わない場合は、カナックの小屋は強制的に燃やされ、カナックは刑務所へ送られた。

グラン・テール島の北から南まで憲兵隊が動員された。カナックは憲兵隊の厳密な監視の下に置かれた。憲兵隊のそれぞれの旅団は成果評価され、コーヒーを栽培するカナックは成果次第で報酬が与えられるか処罰された。

もはやフェイエの理想を覚えているものはいなかった。

カナックの貨幣経済への統合(二つの世界大戦の間に)

カナックの貨幣経済への統合することを目的に、1930年頃からニューカレドニアでは「カフェ・オンブラージュ(フランス語:café ombrage、英語:shade-grown、シェードツリーを用いた日陰でのコーヒー栽培のこと)」政策が始まった。そして、カナックは「保護区(réserves)」でのコーヒー栽培を強制された。このコーヒー栽培はカナックによる自由意志に基づくものであるという建前だったが、実際は憲兵の監督の下で強制されたコーヒー栽培であった。

カナックはタロイモやヤムイモなどイモ類を栽培する堀棒耕作の農耕民で、彼らの伝統文化はコーヒー栽培とは相容れないものだった。しかし、「カフェ・オンブラージュ」での労働は、1年または2年に1度の剪定と雑草の刈り取りなどの清掃、収穫が必要とされる集まりに近い比較的楽な労働であったため、この栽培方法はカナックの間である程度成功を収めた。科学的な方法によらない、野生のまま放置するようなコーヒー栽培方法では、コーヒー栽培は収穫期のみ栽培地に入ればいいため、これはカナックの伝統文化を親和性の高いものだった。

1934年にはカナックは2,000ヘクタールでコーヒーを栽培し、コーヒー生産量が増加したおかげで(入植者は同時期に2,800ヘクタールでコーヒーを栽培していた)、多くのカナックは当時としてはそれなりの金銭的収入を得ることができた。コーヒー栽培はカナックにとって重要な収入源となった。この当時の政策はカナックのコーヒー栽培を促進したため、入植者のコーヒー栽培と競合することとなった。

ポンエリウーアン(Ponérihouen)地区のカナックがこの当時の入植者の下での強制労働について、当時を振り返って語った言葉がある。

「コーヒの収穫の時期が来ると、入植者たちはカナックの部族の首長に人々を派遣するように求める手紙を送った。日曜日になると、首長が収穫労働者をリクルートするために、すべての人々を集めた。それからそれぞれが首長の側で一人で労働をする。ある入植地では、粗末な食べ物と不衛生な状況のために、誰もいなくなった。

何が入植者たちの社会的地位を向上させたのか?それは賃金と比例している。なぜなら、我々には然るべき賃金の支払いがなされなかったからだ。入植者たちの賃金の占める割合はとても高いにも関わらず、我々の賃金はとても低かった。入植者たちは彼らがこの土地を価値あるものにしたと言っている。実際にそれを価値あるものとしたのは、彼らのために「彼らの」土地で働いた我々カナックだ。私たちが彼らのために働いてから100年が経っている、だからこそ我々は独立を求めているのだ。

入植者たちがこの土地のたどり着いたとき、彼らは何も持っていなかった。しかし、彼らは彼らのために我々を働かせるようになってから、彼らはすべてを取り戻した。

我々は以前、入植者たちの土地で労働していた。労働ごとに、我々は賃金を受け取った。我々は入植者たちの下で立派に仕事をした。しかし、これをしなかった他のカナックは、外で仕事を探すことを余儀なくされた。 このようなやり方はしばらく続いた。」(1990年12月のインタビュー)

1920年から第二次世界大戦の前夜までの約20年は、ニューカレドニアの転換点となった。カナックを貨幣経済に統合することで、彼らを経済的に支配し、伝統的な生活文化を変えた。これは戦後の社会的、あるいは政治的な混乱を用意した。

第二次世界大戦の前夜に、コーヒー生産量は最大2350トンに達した。 しかし、遠からずやってくる戦争はコーヒー生産の衰退をもたらし、その輸出を困難にした。

(6)に続く。

<参考>

Jean-Marie Lambert (2001) :「La nouvelle politique indigène en Nouvelle- Calédonie. Le capitaine Meunier et ses gendarmes, 1918-1954, préface de Paul de Deckker」,『Outre-Mers. Revue d'histoire』, pp. 372-373

Aug. Chevalier(1931)「La culture du Caféier en Nouvelle-Calédonie.」,『Journal d'agriculture traditionnelle et de botanique appliquée』,

Alain Saussol(1967)「Le café en Nouvelle-Calédonie. Grandeur et vicissitude d'une colonisation」,『Les Cahiers d'Outre-Mer』,pp. 275-305.

Isabelle Leblic(2007)「Café, développement et autochtonie en nouvellecadédonie」,Études rurales.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事