ニューカレドニアのコーヒーの歴史(2):コーヒーの伝来と流刑植民地時代のコーヒー生産

(1)の続き。

ニューカレドニアのコーヒーと植民地化の歴史

ニューカレドニアのコーヒーの歴史と植民地化の歴史は密接に関連している。ニューカレドニアのコーヒーの歴史において重要な時期は4つに分けることができる。これら4つの時期のうち最初の3つは、ニューカレドニアの植民地化の3つの時期に対応している。

  1. 植民地化の最初の試み(1856-1911):この時期はさらに流刑地植民地時代(1895年まで)、ポール・フェイエ(Paul Feillet)による自由植民地の形成(1902年まで)、その後のコーヒーさび病菌(l'hemileia vastatrix)の流行とロブスタ種の導入の時期(1910年)に細かく分けることができる。植民化の歴史においては、植民地形成のために試行錯誤を重ねる時期に対応している。
  2. コーヒーの繁栄と衰退(1930-1945):カナックの強制労働によりコーヒー産業が発展し、第二次世界大戦と先住民体制の終わりによりコーヒー産業が衰退する時期で、二つの世界大戦の戦間期と第二次世界大戦の始まりから終わりまでにあたる。植民化の歴史においては、植民地政策を維持するためにカナックを市場経済に引き入れ、経済的に支配する時期に対応している。
  3. カフェ・ソレイユ(café soleil)政策(1980-1988) :カフェ・ソレイユ政策とは、英語でサングロウン(sun-grown)、日向でのコーヒー栽培のことで、それまでのカフェ・オンブラージュ(café ombrage、英語でシェードグロウン(shade-grown)、シェードツリーを用いた日陰でのコーヒー栽培のこと)からカフェ・ソレイユに栽培方法の転換を図ることによってコーヒー産業を再生しようとした時期にあたる。植民化の歴史においては、カナックを保護することによって再び経済のバランスを回復する時期に対応している。
  4. 現在:ほとんどレユニオン島とニューカレドニアでしか栽培されていないブルボンポワントゥ(
    Le Bourbon Pointu、またはフランス語発音でルロワ(Le Roy)。ラウリナ、リロイ、ローリナとも呼ばれるが、ここではルロワで統一する)の栽培によって、再び注目を集めている時期。

この記事では流刑地植民地時代の1894年までのコーヒーの歴史を見ていく。

コーヒーの伝来

ニューカレドニアは他の場所に比べ遅れて植民地化されたため、アラビカ種のコーヒーが導入された最後の場所の一つとなった。フランス領においては、1722年にフランス領ギアナ(Guyane française)で栽培が開始(1727年にポルトガル海軍士官フランシスコ・パルヘッタ(Francisco de Melo Palheta,1670-1750)によってこのギアナのコーヒーの苗木がブラジルに持ち込まれる。)、1723年からフランスの海軍士官ガブリエル・ド・クリュー(Gabriel-Mathieu François d'Erchigny de Clieu,1687-1774)によってパリ植物園のコーヒーの苗木がマルティニーク(Martinique)へと持ち込まれ(これが現在の南アメリカ大陸のもととなっていることはよく知られている)、1726年にグアドループ(Guadeloupe)へ持ち込まれた。ニューカレドニアにおけるコーヒーの導入はそれから1世紀以上も遅れることとなった。

ニューカレドニアのコーヒーの歴史は1856年初頭、マリスト修道士がレユニオン島のアラビカ種を現在のニューカレドニアの首都であるヌメア(Nouméa、当時はPort-de-Franceと呼ばれていた)の近く、 ラ・コンセプション(La Conception)に持ち運んだことから始まる。

それはニューカレドニアの領有からわずか3年後のことであった。ニューカレドニアへのコーヒーの導入はそれよりもはるか以前から検討されていたことであったが、実際のコーヒーの導入はほとんど目立たないものだった。コーヒーの最初の収穫はこの地域周辺の入植者たちと共有された。

フランスによって植民化されたニューカレドニアには、フランス本国から総督府の官吏、海軍軍人、商人、開拓のための入植者、あるいは凶悪犯、共産主義者などの流刑者と、様々な境遇の人々がやってきて定住した。

この植民地化の駆け出しの時期は、どのように植民地化するのか体系化も組織化もされていない模索の時期だった。そのため、植民地支配と開発のための主要な換金作物に何を選ぶのかも定まっていない状況だった。しばらくはこの試行錯誤の時期が続くことになる。

コーヒー生産の始まり

1862年、入植者のチェヴァル(Cheval)がセントビンセント(Saint-Vincent)にコーヒーの木を植えた。また同じ1862年に、農学者アドルフ・ブータン(Adolphe Boutan)がポン・デ・フランセ(Pont des Français)で13ヘクタールのヤウエ(Yahoué)農園を設立した。1861年にニューカレドニアの総督に任命されたばかりであったフランスの探検家シャルル・ギラン(Charles Guillain,1808-1875)はニューカレドニアに小さな私有地の設立することによって、この流刑植民地を自由植民地に発展させようとした。彼はこの政策のためにコーヒーを利用し、ブータンの農園をコーヒー農園の模範例として優遇した。そして、1864年にこの農園の6万本のコーヒーが主にグラン・テール島(Grande-Terre)のカナラ地方(Canala)に定住する入植者に栽培のために配布された。1865年には白い花のついたコーヒーノキの枝が役所に展示され、ヌメアの人々に広く知られることになった。そして、同じ1865年に入植者のウルム(Ulm)が島で最初の商業コーヒーを販売した。

19世紀後半のヨーロッパ帝国主義は植民地の開発と支配の道具として新しい換金作物を探していた。それによって、植民地の政治的支配だけではなく、経済的開発と支配が可能となるからである(その代表的な作物がコーヒーである)。しかし1880年代までは、ニューカレドニアはコーヒー栽培ではなく、レユニオン島のクレオールの影響を受け、砂糖やラム酒製造のためのサトウキビ栽培の方が盛んであった。それはグラン・テール島の南西部のいたるところで栽培された。

1864年に設立された刑務所行政によってサトウキビ栽培(さらにはトウキビとインゲン豆の栽培)が入植者に強制された。そのため、ニューカレドニアはレユニオン島やモーリシャス島のようにサトウキビ栽培で有名になるはずだった。

ルロワ

このような流れの中で、ルロワ(Le Roy、この名前はイエメンのアデン(Aden)から当時のブルボン島(現在のレユニオン島)にコーヒーの苗木を運んだ船長の名前に由来するとされている)もまたレユニオン島からニューカレドニアに導入されたが、それはほとんど誰の気にも留めなかった。(ルロワのニューカレドニアへの導入の正確な時期は不明だがおそらく1875年頃レユニオン島の人によって持ち込まれたと思われる。これは1869年11月17日にスエズ運河が開通しレユニオン島のコーヒー栽培が衰退、代わりにサトウキビ栽培が盛んになったことと関係していると考えられている。)

コーヒー生産の鈍い拡大

サトウキビ産業が盛んになることによってコーヒーの存在はほとんど忘れられることになるが、それでもコーヒー栽培の様々な試みが密かに続いていた。1868年に冒険家のパネトラ(Pannétrat)が中央アメリカ由来のコーヒーノキの栽培に成功、その1年後にギランの指令により、セイロン(現在のスリランカ)のコーヒー50キロがコーヒー生産者に配布される。この時期には他にも様々な試みがあったが、それらはほとんど無名の知られざる人々によるものだった。これらはそれぞれバラバラに試みられたことで、コーヒーの一貫した政策として行われたことではなかった。また1876年に地方で行われた最初の展示会では、まだコーヒーノキは現実的に利用価値のある植物というよりも、まだ好奇の対象として眺めるものに過ぎなかった。

しかし、バッタによる被害などによるサトウキビ産業の衰退による経済的危機が発生し、1878年にグラン・テール島では反乱が起こった。1878年からニューカレドニアの総督になったジャン・バティスト・レオン・オルリー(Jean-Baptiste Léon Olry)は、この荒れ果てた状況を目の当たりにした。彼はすぐに島の再建に取り掛かった。ヌメアの市議会を再編成し、他の地域で市の委員会を設立し、商工会議所を創設し、島の地図を作成し、そして経済の復興を始めた。彼はニューカレドニアに平静をもたらすことに成功した。

オルリーが経済の復興のために注目したのがコーヒーだった。1879年のグラン・テール島中部のブーライユ(Bourail)の学校農園には35万本のコーヒーの苗木があり、彼はこの苗木からコーヒー産業の興そうと試みた。彼はコーヒー栽培から上がる利益を入植者たちから守り、いかに自分たちのものとするかに腐心していた。ここからサトウキビ産業が少しづつコーヒー産業に取って代わることになった。

ヌメアにあるオルリーの銅像、Wikipediaより

この時期はまだコーヒーは輸出できるほどの生産量には満たず、ニューカレドニア国内で消費されていた。入植者たちは畜産を主な生業とし、コーヒー生産はほとんど園芸目的のような有様だった。彼らはコーヒーノキの間に他の食物を間作していたため、コーヒー農園はより園芸用の庭のように見えた。

1880年代後半になると、コーヒーは60ヘクタールで栽培され、地元市場への供給だけでなく、手頃な価格で輸出されるようになった。入植者たちのコーヒー栽培は、大部分はカナックの低コストの労働力による強制労働に依っていた。カナックに強制労働をさせる限り、入植者たちはコーヒーを育てることができたのである。

1897年に流刑者の処罰制度は廃止され、彼らは自由入植者となった。ニューカレドニアが流刑植民地であった頃には、様々な政治犯が送られてきた。1871年のパリ・コミューン(Commune de Paris)が起きた後は、約3千人が送られた。処罰制度が廃止された頃には、流刑者の数は約3万人にも及んでいた。

流刑者の解放とカナックの強制労働もあり、19世紀の終わりにはニューカレドニアのコーヒー生産は高い収益性をあげることができた。ここからニューカレドニアにおけるコーヒー生産は政治的な目的に利用されることになる。1894年にニューカレドニアの総督に任命されヌメアに到着したポール・フェイエは、コーヒー生産をフランスから移民を呼び寄せ、この地を南方のフランス、美しく民主的な土地として作り上げようとした彼の目的に利用したのである。

(3)に続く

<参考>

Isabelle Leblic(2007)「Café, développement et autochtonie en nouvellecadédonie」,Études rurales.

Alain Saussol(1967)「Le café en Nouvelle-Calédonie. Grandeur et vicissitude d'une colonisation」,『Les Cahiers d'Outre-Mer』,pp. 275-305.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事