カフェ ランバン:グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ

カフェ ランバンのグアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラです。

カフェ ランバンは、実店舗が北海道札幌市にある自家焙煎珈琲店です。パナマ エスメラルダ ゲイシャや、エリーゼブルー、コピ・ムサンなど、世界的にも希少なコーヒーを飲むことができる喫茶店です。

グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ

スポンサーリンク

グアテマラ

グアテマラ(Guatemala)はシェラ・マドレ山脈(Sierra Madre)が縦横に走っている中米北部の国です。シェラ・マドレ山脈はメキシコの北西から南東にかけて連なる大山脈で、北はロッキー山脈に続き、南端に位置するのがグアテマラです。

グアテマラは火山国で、グアテマラコーヒーの多くは山脈の斜面で栽培されています。標高1,300m-2,000mの高い標高、降雨量の多い肥沃な火山灰土壌で、高品質なコーヒーの栽培に恵まれた環境です。気象は、太平洋側と大西洋側のそれぞれの熱帯性気候に影響されます。

グアテマラには狭い国土に8つの代表的な産地があり、山脈を挟んで気象条件が違うため、それぞれに特徴が異なります。

中央にあるのがアンティグア地区、国を囲むようにしてあるのがフライハネス地区、アカテナンゴ地区、サンマルコス地区、アティトラン地区、ウエウエチナンゴ地区、コバン地区、ヌエボ・オリエンテ地区の8つです。

これらの産地は、1960年に設立されたグアテマラ国内のコーヒー生産者を代表する組織であるアナカフェ(Asociación Nacional Guatemalteca de Café (Anacafé))によって認定されています。

スポンサーリンク

ヌエボ・オリエンテ地区

グアテマラの8つの産地、Perfect Daily Grindより

グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園はグアテマラの東部ヌエボ・オリエンテ地区(Nuevo Oriente)に位置しています。

グアテマラには22の県があります。ヌエボ・オリエンテ地区の位置するグアテマラ東部は、サカパ(Zacapa)、チキムラ(Chiquimula)、ハラパ(Jalapa)、エル・プログレソ (El Progreso)、フティアパ(Jutiapa)の5つの県から成り立っています。

この地域はシエラ・デ・ラス・ミナス(Sierra de las Minas)の山岳地帯で、非常に豊かな森林生態系が広がっています。気候は温帯から寒冷気候です。東に行くほど気温が高くなる傾向にあります。

ヌエボ・オリエンテ地区はホンジュラスとエルサルバドルの国境に隣接するグアテマラの東端に位置する地区です。グアテマラ国内でも歴史的に貧しく孤立した地域の一つでしたが、近年コーヒー生産地として急速に成長している地区です。かつては標高が高く、急斜面が多い地形のため、コーヒー栽培が困難な環境と思われていました。しかし、近年では恵まれた土壌と気候から、高品質なコーヒーの生産できる優良な産地として注目されています。

この地区では1950年代まで、コーヒー生産者の大半が小規模農家でした。この地区のコーヒー生産が成長しはじめたのは、1980年代のスペシャリティコーヒーの需要の増加にともなってのことです。現在ではこの地区の山の斜面はほとんどコーヒー農園で埋め尽くされています。

ヌエボ・オリエンテ地区は標高1,300-1,700mで、気温18-25℃、年間降雨量が1,800mm-2,000mmと雲りや雨が比較的多い地区です。古くは火山地帯であったため、土壌は変成岩(既存の岩石が変成作用を受けてできた岩石のこと)や軽石を含む石灰岩で、ミネラルのバランスが整っています。火山活動が活発なその他のグアテマラの地域とは土壌が異なっています。コーヒー栽培はシェードツリー(Shade Tree、日陰樹)の木陰で行われているため、ヌエボ・オリエンテ地区の山林とコーヒー農園は、多様な鳥たちの生育する環境にもなっています。

それぞれの県について

グアテマラ、Green Bean Houseより

サカパ(Zacapa)

ザカパの旗、Wikipediaより

グアテマラの北東部に位置する県です。標高は低めで気候は温暖です。「ロン サカパ(Ron Zacapa)」というラム酒の製造で有名です。

チキムラ(Chiquimula)

チキムラの旗、Wikipediaより

グアテマラの南東部に位置する県です。グアテマラ国内では「東の真珠(La Perla de Oriente)」として知られています。気候は温暖で、グアテマラ国内では最も気温の高い地域の一つです。

ハラパ(Jalapa)

ハラパの旗、Wikipediaより

グアテマラ南東部に位置する県です。"Jalapa"の名前の由来はナワトル語の "Xal-a-pan" で、「砂浜の場所」という意味です。人口の大部分はメスティーソです。多様な気候があるが、全体的に温暖な気候で、標高の高い場所では12月から1月に霜が発生する場所があります。

エル・プログレソ (El Progreso)

エル・プログレソの旗、Wikipediaより

グアテマラの中央東部、チキムラに位置する県です。グアテマラで最も人口が少ない県です。気候は多様ですが一般的に温暖な気候で、東に行くと砂漠のような光景の広がります。

フティアパ(Jutiapa)

フティアパの旗、Wikipediaより

グアテマラ最南東部に位置する県です。"Jutiapa"は「太陽の昇る場所」という意味です。丘陵地帯で、街を見下ろす場所に「十字架の丘(Cerro de La Cruz)」があります。この県は牛と馬が象徴となっており、家畜見本市が開かれています。グアテマラで火山活動による自然の多様性が最も顕著に現れるのがこのフティアパです。

品種

主な栽培品種はブルボン(Bourbon)、カツアイ(Catuai)、カツーラ(Caturra)、パチェ(Pache)です。

収穫時期

収穫時期は12月-3月です。

味の一般的な特徴として、香り高く、チョコレートのようなフレーバーを持つバランスのとれたコーヒーです。味の特徴は農園や品種、精製方法によって異なります。

スポンサーリンク

グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園

プラン・デル・グアヤボ農園について、issuuより

グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園(Finca Plan del Guayabo)はグアテマラのヌエボ・オリエンテ地区(Nuevo Oriente)南部のボルカン・スチタン(Volcán Suchitan)に位置しています。

ボルカン・スチタン、Wikipediaより

ボルカン・スチタンはフティアパ(Jutiapa)にある成層火山で、プラン・デル・グアヤボ農園はヌエボ・オリエンテ地区に特徴的な非常に険しいこの山の斜面に位置しています。南西向きの斜面で標高1,500m-1,675m、年間降雨量1,500㎜、比較的乾燥した地域です。

ベンジャミン・ドナド氏、アタカ通商 商品ページより

プラン・デル・グアヤボ農園は、ベンジャミン・ドナド氏(Benjamin Donado、通称ドン・ベンジャミン(Don Benjamin))が1990年に創業した農園です。

ドン・ベンジャミン氏がこの農園を創業したのも1990年と比較的近年になってからのことです。ドン・ベンジャミン氏は2019年現在で70歳、アメリカ帰りの43歳の息子パブロ氏とともにコーヒーを栽培しています。

農園名の"Plan del Guayabo"とはスペイン語で「グアバ平原」を意味しますが、農園は平原というより渓谷というべき山の急な斜面にあります。非常に険しい傾斜のため、コーヒー栽培を難しいと考えられていましたが、ドン・ベンジャミン氏はこの厳しい環境で見事に農園を作り上げました。

28ヘクタールの土地からコーヒー栽培を始め、現在は72ヘクタールの面積があります。

このグアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラは、アタカ通商の取り扱いです。アタカ通商の人たちが、2010年9月に農園を視察した見聞録が以下のリンクから見ることができます。

http://www.specialtycoffee.jp/topics/1653.html

http://www.specialtycoffee.jp/topics/1655.html

http://www.specialtycoffee.jp/topics/1656.html

品種

プラン・デル・グアヤボ農園のパカマラ、アタカ通商 商品ページより

品種はパカマラ(Pacamara)です。

パカマラは、1950年代にエルサルバドルで発見されたブルボンの突然変異種パーカス(Pacas)とブラジルで生まれたティピカの突然変異種マラゴジペ(Maragogype)の交配種で、エルサルバドルコーヒー研究所(スペイン語:Instituto Salvadoreño para Investigaciones del Café、英語:Salvadorean Institute for Coffee Research)によって最初に開発されました。「コーヒーハンター」のホセ(Jose.)・川島良彰氏が留学していたコーヒー研究所です。パカラマを世界で最初に栽培した農園はエルサルバドルのモンテ・カルロス農園です。

パカマラには赤いコーヒーチェリーのレッド・パカマラ(Red Pacamara)と、黄色いコーヒーチェリーのイエロー・パカマラ(Yellow Pacamara)もあります。スクリーンS18+が95%以上を占める非常に大粒の豆です。

このパカマラは、現地ではマラパカとも呼ばれているそうです。

プラン・デル・グアヤボ農園のシェードツリー、アタカ通商 商品ページより

プラン・デル・グアヤボ農園の主要栽培品種はカチモール(Catimor)、カツアイ(Catuai)、SL-28ですが、今回の品種はパカマラです。コーヒーはシェードツリーの日陰で栽培されています。

精製方法

精製方法はウォッシュト(Washed、湿式)です。

ウォッシュトは収穫したコーヒーチェリーをパルピング(pulping、果肉除去)し、発酵と水洗い後、パーチメント(Parchment)付きコーヒー豆を乾燥させ脱穀する方法です。ウォッシュトでは水洗いするためキレイな味わいに仕上がります。

パカマラは浅煎りではフルーティーな果実感のあるフレーバーが特徴ですが、深煎りになるとダークチョコレートのような深く濃厚な甘味とボディが加わり、両者が濃縮され渾然一体となった複雑な味わいのコーヒーとなります。

カフェ ランバンのグアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ

プランデルグアヤボのパカマラ2018/2019クロップが入荷しました。標高1,500m~1,675mの急な傾斜で作られたコーヒーはクリアな酸味とジュースのような甘みがあります。今年のデルグアヤボのパカマラは非常に出来が良いです。

カフェ ランバン ホームページより

カフェ ランバンでは、コーヒー豆の焙煎度を選ぶことができます。グアテマラ プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラは浅煎り(ライトロースト)、中煎り(ミディアムロースト)、深煎り(フレンチロースト)、極深煎り(イタリアンロースト)から選択できます。

浅煎り(ライトロースト)

ミックスジュースのような果実感のあるフレーバーと明るい酸味が印象的です。浅煎りのためボディや苦味は薄く、フレーバーの印象がより引き立っています。

中煎り(ミディアムロースト)

こちらの浅煎り同様に、ミックスジュースのような果実感のあるフレーバーと明るい酸味が印象的です。中煎りになると果実感のある甘味が強くなり、よりバランスの良いコーヒーに仕上がっています。

深煎り(フレンチロースト)

深煎りになるとダークチョコレートのような深く濃厚な甘味とボディが加わり、果実感のあるフレーバーと渾然一体となった印象を生み出します。浅煎りのスッキリした明るい印象とは異なった、深く濃厚で複雑な味わいです。

極深煎り(イタリアンロースト)

極深煎りになると、ダークチョコレートのような濃厚な甘味を伴った苦味が支配的となります。極深煎りですが、あくまでも軽やかな印象です。

<参考>

「プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ」,ATC Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/2261.html>2019年11月6日アクセス.

「プラン・デル・グアヤボ農園 パカマラ」,ATC Specialty Coffee<http://www.specialtycoffee.jp/beans/1522.html>2019年11月6日アクセス.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事